『俺もたいして行ってないです。でも、毎週やっているんですよ。』2017/6/16首相官邸前抗議


金曜日だというのに…

金曜日だというのに…

朝から微妙な雲行きでした。

(もう、アレなんですよ、こういう抗議を毎週毎週やってると、真剣に、『とりあえず金曜の17時位から21時位までの間だけは雨禁止で!」みたいになってくるんですよ、ホントに)

しかも昼過ぎには、あちこちから
「雹が降ってきた!」
「すごい嵐!」
「雷すげー!!」
という報告が飛び交ってて、

イヤーーーーーーー!!!!!

みたいな…。

ここで、「ハイ、今日は天候不順みたいですから抗議は中止にします!」って、すぐ決定すればいいと思いますか?

それがねぇ~・・・

そうは簡単にいかないのが辛いとこなんですよ。

以前のブログにも書いた事ありましたが、雨が降ると自分が濡れるだけでなく、機材が濡れて抗議中はもちろん、後片づけも超大変!!毎週やってることだし、雨なら中止ってすればいいじゃん?みたいに思うところですが…

雨でもねぇ、人は集まってくるのですよ。

雪でも、集まるくらいですから…。

やはりそんな方が一人でもいる限り、反原連としては抗議の体制を整えたいと思うわけでして、なので、いつもよっぽどのことがない限り、ギリギリまで決断できないのです。

現に、凄い雪とか雨で、早々に「中止!」ってしたら、夕方にはやんで、参加者が集まっちゃ来てた…って事もありましたからね。

ホント、皆さんの熱意に頭が下がる思いなのです、反原連としても。

4時半過ぎになると、雨雲は残ってるものの、雹や雷雨や暴風雨にはならなそうって事で、
予定通り抗議は行う模様・・・

どうか、急な雨とか雷雨とかきませんように~~って、願いながら官邸前へと向かいました!

急な雨にも大丈夫なように、ビニールでがっちり覆われたプラカード。

うむ。さすが、慣れている…。

雨かもしれない微妙な天候だったのに、国会前はいつものようにたくさんの人が声を上げていました。

コールが始まりました。

わ!綺麗な空!

ブルーグレーの雲の間から、柔らかな光が射してきています。街灯の灯りと相まって光の筋が降りてきたよう・・・

きれ~い!!

何か、こういう情景を目の当たりにすると、救われる気がするんですよね。

なんつーか…おっきなものに守られてるっつーか….

美しい光景にうっとりして、ふと見ると…

奥の塀に強烈なプラカードを持った可愛らしい女性の方が。

『怒りは限界を超えた』

いやもうホントにその通りですって・・・

かなり前から限界超えてますよね、マジで。

官邸前へ来ました。

こちら、いつものオシャレチームの皆さま(笑)

ホンマ、毎回、カッコイイ。。。

すると、その中の一人が「ねぇねぇ、こっちも見て、ほら!」と、奥の方にいる方を引っ張ってきました。

おおっと~~!

メタリックな板に張り付けた真っ赤な『原発反対』のミニプラカといい、何か色々ともう~カッコイイ~~!!

くうぅぅ~~~、イイネェ~~~!!

参加者の方々をよ~~く見ていると、小さなところで『脱原発』『NO NUKES』のアピールをしていることが多いのです。

ふふふ。。。

雨には降られず、無事、今日も抗議は終了しました。

先日、むちゃくちゃなやり方で共謀罪が採決されてしまいましたが、
それに対しての臨時の抗議が連日あちこちで行われていました。

ここ、国会前や官邸前でも…。

それに参加してたある方が、後日Twitterで金曜官邸前抗議の事を、こんなふうに仰っていました。

『しかしまあ本当に “ふらっと寄れる抗議の場” を、毎週作っている人たちは凄いよなぁ。

忘れちゃいかんよね、311後に抗議活動に参加するようになった俺みたいなのにその場を作ってくれていたのが誰なのか。

なんで今更こんな事を言っているかというと、この数日の共謀罪に対する抗議を側から見ていて改めて思ったのよ。「これを何年も毎週やるって、どれだけ大変なんだよ」って。本当に今更なんだけど。

俺もたいして行ってないです。でも毎週やっているんですよ。』

そして、それに対して別の方が、

『「あきらめない人々」が現実にいるってのは、拠り所ですね。』

・・・ごめん、ウルッときたぜ。

そうです、ここは決して「あきらめない人々が」集まってる、灯台のような場所。

絶対に、あきらめませんから・・・。

では、また来週~!

お疲れ様でした!

(ほんと、まじ、ムカついてるよね…)

<反原連ブログ担当:E>