首都圏反原発連合:報告【首都圏反原発連合の今後の活動について】

Posted on by on 2月 19th, 2019 | 首都圏反原発連合:報告【首都圏反原発連合の今後の活動について】 はコメントを受け付けていません。

首都圏反原発連合:報告【首都圏反原発連合の今後の活動について】
 
 首都圏反原発連合では、参加者の減少などに伴う活動費の不足に直面し、2017年秋に、あと2年間、2019年末までのこれまでのペースでの活動継続を目指し『ドネーション・プロジェクト2017』を呼びかけ、目標金額の1000万円の善意のご寄付をいただきました。その後、2018年秋には、2019年末まであと1年という期限を前に、『アンケート2018』を実施、抗議参加者の皆様をはじめ多くのかたから、今後の反原連についてのご意見を伺いました。
 
 アンケートには約400名の方々からのご回答があり、出来る限りこれまでのペースで活動を続けて欲しいというご意見を多数いただきました。首都圏反原発連合では、皆様からのご回答を全て読み参考とし、2回の会議を経て今後の方針をまとめ、財政面についても今後のシュミレーションを実施した結果、2020年末までの運営が可能であることが判明しました。財政的に余裕のない中ではありますが、今後約2年間、これまでのペースでの活動を継続する方針を固めましたことを、ご報告いたします。
 
 安倍政権の原発推進政策は八方塞がりとなっていますが、政府は政策の転換をしようとしません。ここを正念場と捉え、今後も皆様とご一緒に、原発ゼロ・エネルギー政策の転換の実現のために、金曜官邸前抗議、年数回の国会前集会、リーフレットや紙媒体の発行を軸に様々な取り組みをしてまいります。なお、2021年以降につきましては、原発問題についての情勢や、皆様からのご意見を参考にしながら、検討してゆきたいと思います。今後とも、よろしくお願いいたします。
 
2019年3月10日 首都圏反原発連合 - Metropolitan Coalition Against Nukes –
 
 
 
 
 
 
 
 

« 首都圏反原発連合:ステートメント【福島第一原発事故から8年・金曜官邸前抗議開始から7年】
NO NUKES PRESS web Vol.015(2019/03/28) »