首都圏反原発連合:ステートメント 【抗議活動現場での特定の団体の印刷物の配布について】

Posted on by on 7月 28th, 2015 | 首都圏反原発連合:ステートメント 【抗議活動現場での特定の団体の印刷物の配布について】 はコメントを受け付けていません。

首都圏反原発連合:ステートメント
【抗議活動現場での特定の団体の印刷物の配布について】

 首都圏反原発連合では発足時から一貫して、反原発運動を大衆運動に拡大する、また参加者が抗議に集中できるように配慮するなどの目的で、抗議時間中の印刷物(フライヤー、チラシなど)の配布は遠慮して頂くという方針で運営していますが、特に、中核派、革マル派、顕正会においては、参加者への印刷物の配布を厳重に注意してまいりました。

 ここのところの反安保運動の高まりに乗じて、勧誘を目的として上記の組織による、抗議参加者への印刷物(主に会報など)の配布が激化しており、首都圏反原発連合が主催として関わる抗議では、スタッフが厳重に注意をしていますが、一向に止めようとしません。

 つきましては、特定の団体に対し、首都圏反原発連合が主催として関わる抗議参加者への印刷物の配布を禁止する旨の声明を発表します。
 
 
⚪︎首都圏反原発連合が主催する抗議やデモの参加者への、下記団体による印刷物の配布を、全面的に禁止します。首都圏反原発連合は、純粋たる抗議現場での党派拡大、入信勧誘に繋がる行為を許しません。

<該当組織・団体>
中核派
革マル派
冨士大石寺顕正会(顕正会)

<理由>
⚫︎中核派、革マル派について
過去において、殺人を含む暴力事件を多数起こした上に、自己総括や罪の償いが未だないこと。「極左暴力集団」として警察が対策しており、指名手配中のメンバーもいること。
⚫︎顕正会について
勧誘や脱会などに関して、社会的にトラブルを起こしていること。

以上

2015年7月28日 首都圏反原発連合 – Metropolitan Coalition Against Nukes –  

« @Thoton氏訴訟のご報告と傍聴のご案内
★川内原発再稼働反対! 0813九州電力東京支社前大抗議 »