★これで原発はとまる!キャンペーン

Posted on by on 8月 22nd, 2017 | ★これで原発はとまる!キャンペーン はコメントを受け付けていません。

これで原発はとまる!『エネルギー基本計画』と『日米原子力協定』
 
皆さんは『エネルギー基本計画』と『日米原子力協定』をご存知ですか?
あまり聞きなれない名称かもしれませんが、実はこれらが、日本の原発の政策に大きな影響を及ぼしているのです。『エネルギー基本計画』は2018年3月、『日米原子力協定』は7月までに見直されることになっていますが、現状のまま更新されれば、このまま原発を推進する論拠になってしまいます。2011年3月11日に起きた福島原発事故を繰りかえさないために、原発を危険なテロやミサイルの標的にされないためにも、改善策を考えていきましょう。
首都圏反原発連合は「これで原発はとまる!キャンペーン」と銘打ち、オンライン署名と、リーフレットの配布をいたします。多くの皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。


【これで原発はとまる!キャンペーン】日本の原発政策に多大な影響を及ぼす『エネルギー基本計画』と『日米原子力協定』、署名とリーフレットで改善していこう!http://coalitionagainstnukes.jp/?p=10097 pic.twitter.com/KFS1IstDdb

 

【CHANGE! オンライン署名】
 
エネルギー基本計画 → change.org『エネルギー基本計画』の改善を-原発推進政策NO!
 

【これで原発はとまる!キャンペーン】日本の原発政策に多大な影響を及ぼす『エネルギー基本計画』改善のための署名はこちら!→https://www.change.org/p/エネルギー基本計画の改善を http://coalitionagainstnukes.jp/?p=10097
 
 
日米原子力協定 → change.org『日米原子力協定』の改善を-原発推進政策NO!
 

【これで原発はとまる!キャンペーン】日本の原発政策に多大な影響を及ぼす『日米原子力協定』改善のための署名はこちら!→https://www.change.org/p/日米原子力協定の改善を http://coalitionagainstnukes.jp/?p=10097
 
*両署名とも、2018年3月の提出を予定しています。
 
↓ネット環境にない方たちのために、署名用紙もご用意しています。ダウンロードしてお使いください。

 

【CHANGE! リーフレット】
 
『エネルギー基本計画』と『日米原子力協定』の問題点、改善点などを解説した、わかりやすいリーフレットを作りました!問題を周知するために、配布のご協力をお願いいたします。リーフレットは無料でお送りいたします。
A4サイズ十字折り、約148mmX105mmのハンディなサイズです。
 
null null
 


  
<エネルギー基本計画とは>
 
『エネルギー基本計画』とは、国のエネルギー政策の大きな方向性を示す『エネルギー政策基本法』で定められた、政府が打ち出すエネルギー計画です。この計画は3年に1度見直しをされるため、2017年度末が節目になります。現行の計画は2014年4月に安倍政権が策定し、民主党政権が目指した「2030年代原発ゼロ」目標を撤回、原発を推進する内容になっています。また、『エネルギー基本計画』に加えて、より具体的な『長期エネルギー需給見通し』が決定されます。
 
<資料>『エネルギー基本計画』全文(経済産業相・資源エネルギー庁 HPより)
http://www.enecho.meti.go.jp/category/others/basic_plan/pdf/140411.pdf
 
<日米原子力協定とは>
 
『日米原子力協定』(原子力の平和的利用に関する協力のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定)とは、日米の原子力分野での協力を推進する条約で、何度か改定されていますが、現在の協定は1988年7月に発効されました。この協定は核の軍事利用を阻止するためのものですが、日本は非核兵器保有国の中で唯一、核燃料の再処理、プルトニウムの利用を認められています。この条約は2018年7月に30年の期限をむかえますが、現段階では破棄や再交渉をせず「自動延長」される見通しです。しかし、大量のプルトニウムを保有しながら再処理工場を動かすことがないように、規制を強化する必要があります。
 
<資料>『日米原子力協定』全文(原子力規制委員会 HPより)
http://www.nsr.go.jp/data/000026345.pdf
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
         
 

« 安倍政権NO!☆1005銀座大行進
首都圏反原発連合:ステートメント【2017年衆議院選挙について】 »