【2014/08/30】川内原発再稼働やめろ! 0830再稼働反対★国会前大集会レポート その3(完結編)


2014年8月30日に行われた「川内原発再稼働やめろ! 0830再稼働反対★国会前大集会」のレポート完結編をお届けします!
その1はこちら。
その2はこちら。
*********
財務省交差点へ向かって歩いていると、途中、若い男の子が、舗道の端に立ち、道路を面して国会議事堂に向かってプラカードを掲げていました。そして、最終コールに合わせ、そびえ立つ国会議事堂へ向かってコールしていました。
「原発もろともお前もやめろ!」
「子供を守れ!」
「そのために原発全てやめちまえ~!!!」
抗議終了です。
ぞろぞろと帰路につく参加者の方々を見送っていると、松葉杖をついた奥様と一緒に歩いてきた旦那様が「2人分です」と言ってカンパして下さいました。「ありがとうございます、お疲れ様でした!」と頭を下げると、奥様もニッコリ。二人はまたゆっくりゆっくり歩いて行きました。
と、段ボールを持った何人かの男性がやってきて、「お疲れ様でした~」と言いながら、何やら帰る参加者の方々に配り始めてます。
あれ…?もしや、あれは……
あの団扇だー!!!
(と、次の瞬間には走って貰いに行ってるわたし…)
わーいわーい!ゲットしたー!(良かったね…)つい最近、発行された『NO NUKES Voice』という本のPR団扇でした!カッコいい~!
団扇.jpg
参加者の方々が帰られた後は、反原連の方々や当日スタッフさん達での後片付けが始まります。
機材をまとめ、数を確認、ビニールシートやテーブルを畳み、皆さんの暖かい志のカンパもまとめます。備品を揃え確認し、ゴミを拾い、開始前と同じように…いや、それ以上に綺麗にして帰ります。
今回、ふと思って、ああ…って凄く納得したことがあります。反原連の人達って…完全に裏方なんだなあって。も、ホントに裏方雑用係みたいな立場。いわば主役は、集まってくる参加者の方々…というスタンスなんですよね。その人達の為に、場所を整え、準備をし、当日は神経を張り巡らせトラブルが無いように気を使い、終わった後は後片付けと掃除と反省会。そしてまた、次の抗議の準備をしていく…。なるべく、参加される方々の意図を組むように図り、時には調整し、逸脱した行為には注意をする。
とにかく、目的はただひとつ…『全ての原発を無くすこと』。それだけの為に、一年中、裏で雑務をこなしている人達。
だからこそ…ここまで続いているんだと思います。参加者も信頼して、ずっと集まってくるのだと…。
今日も見ず知らずの人達が、原発をなくしたいっていう一点で集まりました。この後ろにはこの倍以上の原発反対の人達がいます。
今日は予想外な人出でした。そして、凄く盛り上がったし、それより何より私には、全体的に何だかとても温かな空気が流れているように感じられたのです。そしてそれが凄く良い時間を作った様に…。うまく言えないんだけど、誰かが誰かを思いやるような…そんな優しい空気が流れていたように思えたのです。
抗議が始まる前に、公園から流れてきた『明日に架ける橋』…この歌を後でふと思いだし、歌詞を改めて調べてみたら…泣けました。
ああ…、本当にこの歌詞の様な抗議集会になったなぁ…って。
この歌詞を頑張ってる皆さんに捧げたい。
『明日に架ける橋』
君が疲れ果て 途方にくれて 涙もこぼれ落ちてくるようだったら
僕がその涙をふいてあげよう 僕がそばにいるから
人生が大変で辛いとき 友達も見つからないようなとき
激流に架かる橋のように 僕が君の支えになるから 僕が君を助けるから
君が落ち込んで希望も失って 一人立ち尽くすようなとき 辛い夜を過ごすようなときも
僕が慰めてあげよう 僕はいつも君と一緒だよ
たとえ先が見えないような時も 辛いことだらけになったとしても
荒れ狂う河に架かる橋のように 僕がきっと何とかしてあげるから 僕がきっと君を助けだすから
さあ 可能性に向かって立ち上がろう 一歩足を踏み出そう
今 君の光を発揮するときが来たんだ 君が望んでいた世界がもう目の前にあるんだ その輝く未来に目を向けてみてごらんよ
そしてまた友達が必要なら 振り向けばいつも僕がいるさ
人生がどんなに大変なことにみえようとも 僕が何とかするから
人生がどんなに大変なことになっても 僕が君の支えになるから 大丈夫だから
一人で立ってるけど一人じゃないよ。
共に行こう…
お疲れ様でした~!!
青空.jpg