【2014/08/22】第115回!東京・官邸前


fryday_banner.jpg
8月22日(金)の「再稼働反対!首相官邸前抗議!」のレポートをお届けします!
8月30日(土)は
川内原発再稼働やめろ! 0830再稼働反対★国会前大集会 
もあります!
***********
ハイビスカス.jpg
8月初めの官邸前抗議の時、抗議終了後に先頭ブースで後片付けをしていると、何やら不思議な生き物が石段の上をノソノソ歩いていました。私が「何だろこの虫?」と眺めてると、スタッフのMちゃんが「これ…蝉の幼虫じゃね?」。
あ、そう言われれば…そうだっ、蝉の幼虫だー!
えーと、つまりですね、木とかによくくっついてる『蝉の脱け殻』の、中身があるやつ!(どんな説明だよ)
土から出てきたばかりなんでしょう。
そこにいた女子3人で「わーっ!脱け殻が歩いてるの初めて見たー!(抜けてないけど…)」って大騒ぎ。Mちゃん達が「こんなとこじゃ鳥に食べられちゃうよ~」「木のとこに行きなよ~」と言い出したので、私が「私、つかめるよ」って言って、ガバッと捕んで塀の向こう側の木に留まらせました。「おおっ!!」とまたまた驚嘆するMちゃん達。木に掴まらせたら、じっとしている中身のある抜け殻に、女子3人で「ちゃんと無事に蝉になるんだよー」と言い聞かせ、帰ったのです。
そしたら次の週、なんと…先週助けた幼虫が(多分)が、無事孵化したのをMちゃんが発見!今度こそ本当に正真正銘『脱け殻』だけが木に残っていたのです!もう、大感激!「凄いねー凄いねー!」「ちゃんと蝉になったんだねー!」
繰り返される命。
続いていく命。
蝉の鳴く夏も、もうすぐ終わりです。
蝉の脱け殻.jpg
《Mちゃんの写真より》
さて、今日はまたまた官邸前エリアのスタッフを頼まれていました。
今週は残暑厳しく、暑い暑い1週間でしたねぇ。今日もやっぱり、日が暮れても暑い官邸前…。
もう、この湿気だけでグッタリだよなぁ~。
7時頃から地下足袋さんと交代して4番出口前に立ちました。
暑い夏の夕刻…皆さん、入れ替わり立ち替わり抗議の列に加わって声をあげています。
Tシャツにハーフパンツにサンダル、そして手ぶらという、ちょっと近所のコンビニまでって格好のお兄ちゃんが携帯電話で話ながらグミ坂を歩いて来ました。4番出口前に立ってる私を見ると、軽く会釈。コールが響く中、電話をしているので話す声も自然とデカくなってます。
「あぁ~!?オマエも来いっちゅーねん!!何やて!?ちゃうわ!何ゆーとんねんな、コラッ!!」
…バリバリ関西弁のお兄ちゃんでした。
すると今度は、金髪の外国人女性を2人連れた、またまたラフな格好の男性が地下鉄出口に現れました。手でグミ坂を指さしながら、2人の金髪女性に何やら説明しています。3人とも私と目が合うとまたまた軽く会釈し、グミ坂を先頭の方へ歩いて行きました。
グミ坂は、なまぬるい風が吹いています。うぇ~、何かジメジメする~。
小学生くらいの女の子を2人連れたママが、ニコニコと小さな声でコールしながら歩いて来ました。今日も小学生くらいの子と一緒に来てる人、けっこういるなあ…。学校はまだまだ夏休みだよねぇ~。
カンカン帽にハーフパンツのオサレな男性が地下鉄出口を上がってきました。私と目が合うとまたまた会釈…。
…何かみんな目が合うと軽く会釈してくれるんだけど、何でだ??もう、ここ官邸前が、そういう雰囲気なのかな~。
参加者の女性がバッグからお菓子の袋を出して、周りの方々に「どうぞ」と配り始めました。全くのアカの他人同士の集まりなのに、ここにはいつも見えない柔らかい労りの空気が流れています。
自転車隊がコールしながら走り去って行きました。毎週毎週、自転車隊の皆さんもホントにすごい!暑かろうが寒かろうが、小雨が降っていようが…自転車隊がいない日は無いもんなぁ~。
と、一台の自転車が私の後ろでキキッと止まりました。汗だくのお兄さんが「カンパします」とウエストポーチからお財布を出してカンパして下さいました。ありがとうございますっ!お兄さんは再びサーッと自転車を走らせて去って行きました。
1人の男の子がグミ坂を歩きながら、飴の袋とお煎餅の袋をあけて、参加者の方々に「いかがですか?」と配っています。
ペチッ!と音がしたので振り向くと、看板を挟んで私の隣に立ってる若い警察官が腕に止まった蚊(?)を叩いてました。
しばらくすると、今度は足首をぐりぐりしながら、ターンの様な動きを。
(退屈なのかなー(笑))
最終コールが始まりました。
するとなんと…!この警察官のお兄ちゃん、コールにあわせて微かに首を振ってリズムとってるじゃないですかっっ…(すぐ、やめたけど)
いかん…面白すぎる…
と、隣の動きに神経を集中させてると、反対側から「すみません…」という声が…。振り返ると、学生ぽい若い男の子が緊張した面持ちで立っていました。
「あの…そのチラシ頂けますか…?」
消え入りそうな、か細い声です。
「はい!どうぞどうぞ!」
と、10倍位の音量で返すわたし…
「何枚持ってきます?」
と聞くと
「あ…、いっ、一枚ずつで大丈夫です…」
「はい!ありがとうございます!」
2種類のフライヤーを1枚ずつ渡しながら、おずおずと逃げ出しそうに立ってる男の子に
「初めていらしたんですか~?」
と、追い討ちをかけるわたし。
「あ…はい…はじめてです…」
「大学生?」
「あ…いえ…」
(もう、解放してやれよ)
男の子は、渡した2枚のフライヤーを持って、地下鉄出口の脇に立つと、それはそれは丁寧に…隅から隅までじっくり読んでいました。
隣では例の警察官のお兄ちゃんが、屈伸運動の様なことをしています。看板に両手かけてグイグイやりはじめたので、(看板は動かへんで…、そりゃ無理やで…)って思ってたら、屈伸運動でした(u_u)
8時になりました。
「来週の金曜は抗議はありません。土曜の夜に集まりましょう!」とフライヤーを配っていると、1人のご婦人が「来週の金曜は無いのね…。土曜は来れないのよ。金曜なら何とか来れるんだけど…」と話しかけてきました。
「いやいや、ありがとうございます。来れる時にいらっしゃって、来れない時は来れる人が繋いでますから…大丈夫ですよ。ゆっくり休んで下さい。でないと続きませんよ~」
と言うと、ご婦人はニコッと笑い、
「本当よねぇ~。正直、ホントに疲れるわよね…。皆さんスゴいわ…。もう、毎週毎週ここを続けてくれてるあなた達にも感謝だわよ…。本当にどうもありがとう。」
ご婦人は何度も何度もお辞儀をしながら、地下鉄出口へと入って行きました。
さっき飴とお煎餅を配っていた男の子が余った袋を持って近づいて来ました。
「あの…これ…」
と袋を差し出すので
「は…?」
と受けとると、
「いや、余っちゃったんで…誰に返したらいいのか分からなくて…」
「え…もしかして『これ配って』って、誰かに袋を渡されたわけ?」
「はい」
「ええ~っ!マジか!そりゃ酷いねぇ~わははは!」
と笑うと、男の子は照れたように「いえいえ」と笑顔。
「どうもありがとう、お疲れ様~。」
男の子はニコニコ笑いながら、グミ坂を下って行きました。
余った飴とお煎餅は地下足袋さん(時々地下足袋をはいている、スタッフさんです)に無理矢理あげました。地下足袋さんは今日、何故か参加者の方からサボテンを貰っていました。「サボテン!?何でサボテン?」と聞くと「ワタシにも分からん」と言っていました。
……。
んじゃ、来週は土曜の夜に!!
お疲れ様でしたー!
珈琲飴.jpg