【2014/08/15】第114回!東京・官邸前


fryday_banner.jpg
8月15日(金)の「再稼働反対!首相官邸前抗議!」のレポートをお届けします!
『加熱行為がつづけば冷水も鉄びんの鉄ぶたをはね上げる力となるように、弱くて小さなものであっても一つの運動を持続すれば量または質に変化をおこす。さらに持続すれば量の変化は質の変化へ、質の変化は量の変化へ転じる』
の言葉に涙しました。
次回は8月22日(金)です!詳細はこちら
8月30日(土)は
川内原発再稼働やめろ! 0830再稼働反対★国会前大集会 
もあります!
***********
手拭い.jpg
何だか涼しくなったかと思ったら暑くなったり…温度差激しい毎日ですね。秋はもう、すぐそこまで来ているんでしょうねぇ…。
さてさて、今日はお盆の15日、そして終戦の日、そしてそして金曜官邸前抗議という…何ともスペシャルな日であります。
お盆休みということで、国会前エリアは無く、官邸前エリアだけに縮小しての金曜官邸前抗議でした!
国会議事堂前駅に着くと、キャンドルエリアの金魚兄さんにバッタリ!「あ、今日は官邸前エリアで抗議に参加なの?」と聞くと「違うよ~!ちゃんとキャンドル灯しに来たんだよ~。キヨシローさん達も、いつも通り歌を流すって言ってたからねぇ。僕たちもキャンドル灯さないと!」
そっか!なるほど…。キヨシローエリアもキャンドルエリアも、いわば『祈りの場』みたいな感じだもんね。何はともあれ…いつも通り!やるんだなあ~。
世間はお盆休みとはいえ、今日も既に沢山の人たちでグミ坂はほどよい熱気に包まれていました。
つうか…暑い!
今日の昼間はカンカン照りの真夏日!日が暮れても、昼間、太陽に熱っせられた空気やアスファルトがメラメラと湯立っているよう…。じっと立っていても、じわじわ汗が滲んできます。
うぅぅ…暑い…
今日は地下鉄三番出口担当です。三番出口前に立つと、目の前には毎週来ている、ある常連の男性が…。
わたしが勝手に『合いの手スペシャリスト』と呼んでいる人です(^^;
この人がですねぇ~皆さん、自らコールしながら絶妙な『合いの手』を入れるんですよ。いやもう、ホント素晴らしいんですわ。タイミングとリズムと、もうホントにスペシャリスト!本日は、緑色の楽天Tシャツを着ていらっしゃいます。
『再稼働反対!』
『再稼働反対!』
「電気は足りてるぞー!」
『原発いらない!』
『原発いらない!』
「いらないもんはいらないんだー」
『インドに売るな!』
『インドに売るな!』
「原子力に未来はなーい」
『やめられないならお前がやめろ!』
『やめられないならお前がやめろ!』
「責任とれないならやるんじゃなーい」
…本日も絶好調です。
また、この人、よく通るいい声してるんですわ。声でかいし。しかも2時間、あの声量で叫んでるんだから凄いです。強靭な喉ですよ。
18時半を過ぎた辺りから、わらわらと人が増えてきました。人の行き来も一段と激しくなってきます。30分くらい抗議してサッと帰る人、これから来る人…地下鉄出入り口が賑やかになっていきます。
「防波堤出来てないのにどうする気だー」(注:合いの手スペシャリストさんの声)
赤いバンダナを巻いた白髪の年配のご婦人がコールしています。姿勢良くスッと立っていて素敵!その横ではワイシャツ姿のサラリーマンが暑そうな顔をして立っています。
「福島ほっとくなー」
今日はお盆のせいか、小学生や中学生位の子を連れたお爺ちゃんお婆ちゃんみたいな人たちもたくさん来てるなぁ~。私の斜め前にも、さっき、小学校高学年位の男の子を連れたお爺ちゃんが列に加わりました。
「電気は足りてるんだー」
そこへ、またいつもいらっしゃるあのガタイのいいお兄さんがやってきました。
「お疲れ様ッス!いやぁ暑いッスね~!」
「ねぇ~。夜になっても涼しくならないですねぇ。」
「気温は暑いけど懐は寒いッス。真冬ッス!」
お兄さんはアハハと笑いながらお財布からお金を出し、カンパをしてくれました。そして「んじゃまた!お疲れさんス!」と言うと、汗をふきふきグミ坂を降りて行きました。
「危ない原発いらないぞー」
官邸へ向けての抗議のスピーチが始まりました。そのスピーチで分かったのですが、今日は原発稼働ゼロになってから、ちょうど11ヶ月目の日なんだそうです!おお…。お盆で終戦の日で金曜抗議で原発ゼロ11ヶ月の日!
またまた再稼働反対のコールが始まります。
腕を怪我されたのか、包帯で片腕を吊っている男性が塀に寄りかかってずっと立っています。
「自然エネルギーで十分だー」
画用紙を丸めた手作りメガホンを持ったおじさんが、警察官のお兄さんと笑顔で楽しそうに話しています。メガホンを指さしながら何やら一生懸命話すおじさん、それを笑いながらニコニコと聞いてる警察官のお兄さん。何だか和む良い光景です。
「どさくさに紛れて申請するなー」
途中で帰る人も多いですが、来る人も多い!しかも何だか活気に溢れている今日のグミ坂。強めの風も吹いてきました。目の前のご婦人は、バッグからお煎餅?を出すと、周りの人たちに配り始めました。その後ろでは、カッコいいお洒落なお婆ちゃんが孫を連れて声をあげています。何というか…『夏の夜の抗議』って感じで、独特のいい雰囲気が漂ってます。
「自然を甘くみるなー」
とか思ってたら、なんとタイムリーに浴衣姿の粋な男性が地下鉄出口に登場!頭には手拭いを巻いています。と、今度は大学生ぽい女の子の集団がグミ坂を上がって来ました。初めて来たのか、物珍しそうな顔で周りを見ています。そして車道には今日もたくさんの自転車隊!自転車隊が通過するとエールを送る参加者の方々。
「地方に押し付けるんじゃないー」
おっ、今度はドデカイラッパズボンに頭にバンダナ巻いた、スラッとしたカッコいい白髪のお爺ちゃんが現れました。けっこうなお歳に見えますが、ピシッとしててホントカッチョエエ~。背負ったリュックには、手書きで『脱原発』と書かれた白い布が貼り付けてあります。
「汚染水どーなってるんだー」
ペットボトルと紙コップを持ったスタッフさん達が、グミ坂に並ぶ参加者の方々に冷たいお水を配っています。
またまた官邸へ向けての抗議のスピーチが始まりました。何人かの女性の方が続けてスピーチされています。
「安倍さん!貴方またペランペランの挨拶してましたね!そんな言葉、絶対に信用しませんよ!」
「いまだに福島の線量が高くて近づけない場所では、ご遺体を放置したままなんですよ?こんな国がありますか?死者に対してこんな振る舞いでいいんですか!?私は原発を絶対に認めません!」
「人間と核は共存出来ないんです!」
今日は女性方々のスピーチが激しいです。迫力ある…。もう、その後始まる男性コーラーの声が柔らかく感じるほど…(^^;(笑)。
最終コールが始まりました。
「子供を守れ!」のコールに合わせて、中学生位の男の子が叫んでいます…。切ない…この子達の未来に、ホントにホントに原発はいらない。
「安全じゃないものは安全じゃないんだー」
8時になりました~。お盆の官邸前抗議が終了です。
すると、お爺ちゃんと一緒に一生懸命声をあげていた小学生高学年位の男の子が、お爺ちゃんから渡された千円札を握りしめ、誇らしげな顔をして私に近づいて来ました。そして、黙ったままカンパ袋に握りしめた千円札を入れてくれました。
「どうもありがとう。はじめて来たの?」
と聞くと、男の子は凛とした顔でコクンと頷きます。手元にあった黒いNO NUKESの手拭いを「どうぞ。原発反対の手ぬぐいだよ。」と渡すと、ちょっと嬉しそうな顔をして、手ぬぐいをまじまじと見つめながら戻って行きました。お爺ちゃんに「良かったなぁ~いいもの貰ったなぁ~」と言われて、更に嬉しそうな男の子。そのまま2人は笑顔で地下鉄乗り場へと降りて行きました。
グミ坂は相変わらず強い風が吹いていました。
今日の抗議は何かいい感じだったなあ。何だろ、あの感じ…何ともいえない良い感じは何だったんだろう…。
ふと、またあの、むのたけじさんの言葉を思い出しました。
『加熱行為がつづけば冷水も鉄びんの鉄ぶたをはね上げる力となるように、弱くて小さなものであっても一つの運動を持続すれば量または質に変化をおこす。さらに持続すれば量の変化は質の変化へ、質の変化は量の変化へ転じる』
地道に地道に続いてきた金曜抗議。弱い小さな力も、もう既に3年目。きっと自分たちには分からなくとも、じわじわと変化をし、鉄瓶の蓋を跳ね上げる様な大きなパワーをつけてきてるのかもしれない…。そう信じたい。
「信じていいぞー」
んじゃ、また来週~!
来週は通常抗議ですー
キャンドルエリア.jpg