【2014/07/18】東京・官邸前


7月18日の「再稼働反対!首相官邸前抗議!」のレポートをお届けします!
次回は7月25日(金)です!
0725 再稼働反対!首相官邸前抗議!
また、「川内原発再稼働やめろ!キャンペーン」も実施中。
フライヤーにお申し込みも受け付けています。
こちらをご覧下さい。
※レポート内にある、川内原発再稼働に関するパブリックコメントについての情報です。
・出したことがないので出し方からしてよくわからない方はこちら
・出したことがあるが、何を書いたらいいかよくわからない方はこちら
・すぐに出すかたはこちら
をご覧下さい。
**********
蓮.jpg
いきなりですが…。
私は霊感とか、何かが見えるとかは全然ないのですが、『場所』に対する感覚みたいなものには、昔からひどく神経質なところがありました。なんというか…例えば駅を降りた瞬間とか、街に出た瞬間、お店に入った時などに、「あ、大丈夫」って感じる場所と、「うっ…」て拒否反応を感じる場所とがあるのです。
苦手な場所は、何十回通っても慣れず、息苦しいというか…ツラくなってくるのです。何が基準で合う合わないのかは全く不明…。もうこれは、私だけの何かに反応してるんだと思います。
311以後、原発反対のいろんなデモや抗議に参加し始めました。その中には、どーにも苦手な場所もあって…。デモや抗議が終わると、急いで帰っていました。
2012年3月から、この官邸前抗議が始まりました。霞ヶ関、永田町周辺なんて全く未知の土地。国会議事堂前駅で降りて階段を上がり、グミ坂に出た瞬間…。
『あ…大丈夫…』
そうなんです…。あの場所は私に『合う』のです。
官邸前周辺、国会周辺、霞ヶ関周辺は何回通っても全く大丈夫な場所なのです。むしろ、何となく好ましくさえ感じる。
皮肉な、不思議な事です。
しかも、もともと『日比谷』は私にとって、超『合う』場所。日比谷を抜けて抗議場所に向かう経路は、私にとってむしろ癒される道順。
(やってる事は全く癒されない事ですけどね…)
だから、こんなにほぼ毎週毎週2年以上も通い続けてこれたんだなぁと思います。多分、ダメな場所だったら、毎週通うのは無理だったかも…いやホントに…。
きっとあの場所は、ホントは良き場所なんだ。だから、金曜夜に集まって、みんなで更に浄化してるんだと…最近は思っています。
そして今日もまた、浄化Timeが始まりました。えー、通算110回目の浄化ですな。
…なかなか大変です。
今日もまた夕方から雨の予報。抗議の時間ドンピシャに降る感じです。最近、よく降られてるな~、まあ、これも1つの浄化ってことで…ふぅ~…気をとりなおして向かいました。
経産省前に着いた時、一瞬パラパラ~と降っては来たものの、またすぐやんで、何とか降らずにいる灰色の空…。
ちょっとトイレに行きたくなったので、そのまま文部科学省の横を抜け、霞ヶ関ビルへと向かいました。霞ヶ関ビルとコモンゲートビルは、地下から一階が商業施設になっていて、飲食店やコンビニ、トイレもあり、いざという時、とても便利です。(やたら詳しくなった霞ヶ関周辺)
文科省の横を歩いてると、斜め右方向から官邸前抗議のみんなの声が聴こえてきます。もう、毎週金曜の夕方は、ここいら辺一帯、原発反対の声が鳴り響いてる状態なのです。しかもそれが2年以上もなんだから凄いことです…。
財務省交差点を抜けて、グミ坂へ。雷注意報が出ていたにもかかわらず、今日もたくさんの人達が往き来しています。
小学生位の女の子と男の子を連れたママが歩いてきました。斜めにかけたショルダーバッグには、NO NUKESのバッヂが付いていました。子供達は何となく楽しそうな雰囲気!ビニールの長靴をはいて、小さな傘を持って、ぴょんぴょんしながら歩いています。
背広姿のサラリーマンが二人、グミ坂手前で立ち止まり、何やら話してます。先輩後輩な雰囲気。1人が、官邸前方向を振り返り、
「今来たのが官邸前の抗議エリア。ほら、あれが国会な。あの向こう側が国会前抗議エリアになってて、あっちでもやってんだよ。」
「へぇ…向こう側にもいるんだ…」
「よし、じゃあ行くぞ」
「はい!」
どうやら、参加したことのある方が、初参加者さんを連れてきた様子。よく見かけるんですよね、こういう光景。同じ会社なのかな~。ええ光景やなぁ~~。
グミ坂、今日は何となく勢いがある感じ!コールの声がグミ坂一帯にガンガン響き渡っています。
スタッフのMちゃんやSちゃん達と会い、
「お疲れ~。雨、大丈夫みたいだね!今日は何かいい感じで盛り上がってない?」
「うん、今日は勢いあるよね。雨予報が出ていたのにたくさん集まってるし!」
という会話から
「あれ?髪切った?」
「うん」
「似合う~、可愛い可愛い」
「え…そうかなあ…へへッ」
「コノヤロ~~~色気づきやがって~」
…という、しょーもない女子トークを交わし、国会前へ移動しました。
国会前ステージ脇の窪地ではスタッフのTちゃんが、抗議のご案内のフライヤーなどを置いて参加者さん達と言葉を交わしていました。
1人のおじさんがNO NUKESのバッジが欲しいんだけど…と、やって来ました。
「いや、いつもリュックに付けるようにしてるんだけどさ、よく落として無くすんだよね。気付くと無くなっててさ…」
そうなんですよ、バッジって意外と落としやすいんですよね。
「誰かが拾って、また使っててくれればいいんだけど…」
おじさんは笑いながらそう言うと、新しく購入したバッジを大切そうにリュックに付けていました。
しばらくすると、また1人のおじさんが近付いて来て、「このフライヤーもらえるかな…」と、小さな声でボソッと言ってきました。
「はい!どうぞどうぞ!1枚でよろしいですか?」
とTちゃんが言うと
「10枚くらい貰おうかな…」
おじさんは表情を変えずに淡々と言います。フライヤーを数えてTちゃんが「はい!どうぞ!」と渡すと、おじさんはまたボソッと、
「…やっぱり20枚くらい…持ってくかな…」
Tちゃんがニコニコと、
「了解です!じゃあザクッとこの位…どうぞ!」
と渡すと、おじさんはやはり表情を変えず、ちょっと伏し目がちに、
「俺…月一度しか来れないから…」
と言って、フライヤーの束を大切そうに手提げ袋に入れ、去って行きました。
今日は何とか降られずに抗議終了の時間になりました。
官邸前エリアに向かって歩いていると、8時になったとたんに、ポツッとおでこに雨粒が…。なんちゅうタイミング!抗議終了したとたん、待ちかまえてたかの様に降ってきたのです。
官邸前エリアに戻ると、反原連のミサオさんが、カッパを着て、びしょ濡れになりながら片付けをしていました。私と目が合うと笑いながら、
「雨、片付けが終わるまで、もうちょい待っててくれれば良かったんだけどねぇ~。8時になったとたんにピカッ!って光ったからね。ホント、抗議終わるの待ちかまえてた感じだよね。」
「ですね~」
「でも。ああ…我慢してたんだなって思ったよ。降りたくて降りたくて仕方なかったのに、一生懸命我慢してくれてたんだなぁって。だからまあ、仕方ないかって(笑)」
雨は更に本降りになってきました。でも、この言葉のおかげで、雨の中、優しい気持ちで…日比谷まで歩いて帰りました。
さて、7月16日に原子力規制庁で川内原発の審査が合格してしまい、秋にも再稼働が見込まれる状況になってしまいました。
原子力規制委員会では、パブリックコメントの募集が始まっています。抗議に来てる人も、来れない人も、一回でも何回でも…たくさんパブコメを出してやりましょう。決して無駄なことではありません。NOだ!という事をハッキリ言ってやらないと!
川内原発の再稼働が一歩進みました。が、悲観してはいけません。大飯原発の時を思い出して下さい。毎週毎週抗議している最中、大飯原発は再稼働してしまいました。が、今は止まっています。そしてこの間の住民訴訟での勝訴。
あきらめないで声をあげ続ければ、必ず情勢は一転する。みんなで明るい未来を想像して、よい波動を作って…一発逆転勝利を手にしましょうよ。必ず…必ず…出来ると信じて…。
イエイ!
(もう、ある意味、逆境慣れしてきましたよ…。こんだけいろいろあると…)
頑張ろっ!
んじゃまた来週~!
財務省交差点.jpg