0309NO NUKES DAY 原発ゼロ★大統一行動 レポート(その1)


東京・日比谷で行われた
0309NO NUKES DAY 原発ゼロ★大統一行動
の様子を連載でお知らせします!
まずはその1!
********
門と樹.jpg
さて…いよいよ今日はNO NUKES DAYです!例のごとく、1ヶ月も前から晴れろぉ~晴れろぉ~と、念じていた天気も『晴れ』!大丈夫!
今回もまた、反原連の方々は、何日も前から企画運営に時間をさき、何度もミーティングを繰り返し、前日の夜遅くまで修正やら連絡やらをし…今日を迎えます。念入りなシュミレーションをし、とにかくスムーズに無事にこの日が終わるように、並みならぬ努力をしてくれています。
沢山の人が集まるといいなあ…。色々な思いを胸に、日比谷公園へと急ぎました~。
今日の日比谷公園では、NO NUKES DAYの他に、東日本大震災の市民の集い、Peace On Earthが開催中でした。中央のメイン広場には沢山の屋台が立ち並び賑やか!被災地からの屋台や応援ブースもたくさんあります。お天気もいいので凄い人手!日比谷公園を突っ切りながら、時折プゥ~ンと匂ってくる美味しそ~~な香りに誘惑されそうになりながらも、泣きながらそれらを振り切り(嘘です)集合場所へ向かう私。
今日は日比谷公園の西幸門広場に集合です。反原連の方はもちろん、スタッフさん達ももう既にたくさん集まっていて、今日の一連の流れを書いたプリントや、当日プログラムの束などを分けていました。
普段は抗議などに参加しなくても、年に何度かの大抗議には参加する人や、この日の為に遠くから出てこられる人達の為に、そしてもちろん参加される全ての方々の為に、なるべくスムーズに運営が運ぶよう…反原連及びお手伝いのスタッフさん達は皆で今日という日を支えようとしています。
今日も私は例のごとくアレを持つことに…。アレですよ、アレ。そうです、シーバー!!(トランシーバー!)前回使ったからもう余裕だぜっ!ふふん!さっさと身に付けセッティング~!反原連の方から1日の流れの最終説明を受け、カンパ袋と当日プログラムの束を受け取り準備完了じゃ!
今日はスタッフで相棒のMちゃんも、わざわざ京都から出てきてくれるとのこと。飲み物を買いに行ったりワサワサ準備してると…来た来たMちゃん~!
「わぁ!久しぶり~!」
と笑顔で抱き合うも、私を見るなり
「何それーっ!!??」
「え…?」
「これ~!超カッコいい!」
…シーバーの事でした
「でしょー?前回の大抗議ん時から昇格したの、あ・た・し」(何の階級だよ)
「すげ~。マジでデキる女って感じ…カッコいい…」
と、そんなアホな会話をしながらも、デモ出発を待つ参加者さん達に当日プログラムの配布を始めます。いつもの如く、デモ出発2時間前からもうすでに凄い人!天気もいいので何だか気持ちも明るくなります。皆さんの表情も凛と輝いてるよう…。知り合い同士で来てる人もいれば、一人で参加してる人もいます。みんな、原発を無くそうというたった1つの思いで繋がっています。
相変わらずシーバー内は今日も会話の嵐…。どうやら日比谷野音の方は早くも満員御礼。人が入りきれず溢れそうな状況らしい…(>_<)「○○さん、舞台向かって右手の方へ誘導してくれますか?」「○○さんステージからちょっと呼び掛けて下さい」そうしてる間にも、「デモ隊の最後尾、今のところ○○付近ですが、どうしますか?」とか「国会前ステージの方、○○が無いんですが…」とか、とにかくあっちもこっちもで大忙しです。
あ、そろそろ今度は日比谷公園のPeace On Earthの方へ行かなきゃ!Peace On Earthで反原連のミサオ・レッドウルフさんがスピーチする時に、当日プログラム配布をするのです。Mちゃんと二人で向かってる途中、シーバーで呼び出しがかかりました。旗が必要になったので取りに戻って来てとのこと!Mちゃんと二人、急いでまた野音に戻ります。野音の楽屋裏で旗を受け取り、戻る時にチラッと舞台袖から客席を覗くと…
ウオオオォォォ~!!!!!!!スッゲー!!満員だぁ~!!!
客席は隙間がないほど埋まってます。立ち見もギッシリ!もう~ギュウギュウ!
野音を出て、日比谷公園のPeace On Earthの方へ向かう時、ふと見上げると、野音に入れなかった人達が、塀の外から中を見ようと…中の様子を聴こうと…ズラ~ッと塀にへばりついてるじゃありませんか!
外から見る人達.jpg
みんなの関心、薄れちゃいないよ。3年経ったって、全然諦めてないよ。
…と、またシーバーで呼ばれます。
「今、どの辺にいますか?この曲がラストなんで急いで下さい」
ゲーッ!
「はいーっっ!」
大荷物と旗を担いでヨロヨロと走る女二人…。日比谷公園広すぎ!!
ゼイゼイハアハアしながら何とか間に合い、旗を渡して、休む間もなく今度は当日プログラムの配布準備です。反原連の方からは「Peace On Earthの方のステージは、歌が中心だし、もしかしたら受け取り悪いかもしれないけど、とりあえず、向こうで原発反対のやってるって知らせる感じで…配布してみて」と、柔らかい指示をされていたので、私達も、そんな感じで配布を始めました。
が…
とんでもない!!!はけるはけるはけまくる!!皆さん、どんどん受け取ってくれます。手持ちの当日プログラムはあっという間に無くなっていきます。全く嫌な顔されず、拒否られず…というか、何人もの方が「ありがとうございます」と言って受け取ってくれるのです。面食らいながら、ちょっと感激しながら、ひたすら配る私達。
するとプログラムを受け取った一人の男性が「すいません…、私、初めて来て、1人で参加なんだけど、このデモとか抗議は何処でやってるの?」とちょっと不安そうな顔で話しかけて来ました。
「あ、向こうです!2時にデモが出発します。永田町の方でも2時から抗議始まりますよ!」
「なるほど…」
「1人で参加されてるかたも沢山いますから大丈夫ですよ!」
「そうか、そうなんだ!」
男性はちょっとホッとした様子。
「じゃ、行ってみます。どうもありがとう!」
当日プログラムをじっくり見ながら、男性は日比谷野音の方へと歩いて行きました。(今日、初めて来たんだ~そういう人、意外といっぱいいるかもしれないなぁ。何か嬉しいなぁ。)後ろ姿を見送りながらそんなこと考えてたら、後ろから若いカップルが「すみません、それ…いただけますか?」と声を掛けてきました。引き続き配りまくる私達。ふと見ると、そこにいる人達みんな、物凄く真剣な顔でステージ上でスピーチするミサオさんを見ています。ほとんどが若い人達。高校生みたいな子もいます。音楽やってそうなパンクなファッションの男の子やカップル、子供連れた若い夫婦まで…色々。腕を組みながら真剣にステージを見つめる人もたくさん…。「当日プログラムです、どうぞ」って声を掛けるのを一瞬ためらってしまう程の真剣な表情なのです、本当に。何となく申し訳なさそうに「良かったらどうぞ…」と差し出す私に「あ、ありがとうございます!」と笑顔で受け取る皆さん…。
何だか…ビックリ…。嬉しい…。
ミサオさんのスピーチが終わりました。Mちゃんと二人、ちょっと、この調子で向こうの屋台の方も回ってみるか!と移動します。
先ほどのステージと反対側の広場ではたくさんの美味しそうな屋台や、手作り風の雑貨のブースが立ち並び、ベンチや芝生に腰をおろして美味しそうに何やら食べている人達がたくさん!もぐもぐと頬張ってる人達に容赦なく当日プログラムを差し出す厚かましいウチら…。「すいません、お食事中」とか言いながらも悪魔の様な笑顔で配りまくります。しかしながら、ここでも、全く拒否られず、もぐもぐしながらもみんなペコッと会釈して受け取り、見てくれるのです。すごいな、ホント嬉しい…てか、美味そう……(^^;
テーブルと椅子が用意された場所では、ベビーカーをひいた、小さな子供連れの夫婦やらお年寄りが食事をしていました。もしかしたらみんな、こういう人達に優先的にテーブル席を譲ってるのかな…。そのテーブル席を取り囲む様にして周りには、若い子達が地面に座って屋台で買ったものを食べているのです。テーブル席の若い夫婦に当日プログラムを差し出すと、やはりみんな、笑顔で「ありがとうございます!」と受け取り見ています。うう…(嬉し泣き)
たかだか、チラシ一枚の事で…って思うかもしれませんが、けっこうコレって心折れそうになることも良くあるんですよ(^^;ま、だいぶ鍛えられましたけどね。
そんな調子で回ってると、1人で花壇のへりに座っていた大学生ぽい男の子が、当日プログラムを渡して通りすぎた私を追いかける様に
「あっ!カンパします!」
と近づいて来ました。
「わっ、どうもありがとうございます!」
と言う私に、男の子はカンパした後、サッと右手を出し
「あの…頑張りましょう…!原発なくなるまで…」
と言ったのです。一瞬面食らい、そして次の瞬間泣きそうになりながら
「はい!頑張りましょうね!」
と私も笑顔で右手を出し、ガッチリと握手をしました。男の子は照れたような笑顔をし…去っていきました。
その2に続く
パンジー.jpg