【2013/10/25】東京・官邸前


「読んでますよ!」「内容がおもしろいので毎回楽しみにしています!」などの声もよく聞くようになったこのブログ。
今週もお届けします!
*********
写真:鳥.jpg
またもや台風が来ていました。
もう今日は確実に雨だよなぁ~と、仕事中何度も外を覗いてはため息…。
ま、でも今日は気合い入れて真っ赤なマニキュアぬってきたし、綺麗な緑色のレインブーツ履いてきたし…大丈夫でしょ!(何が?)
覚悟を決め、午後、ドデカミンストロング飲んで気合い入れ、会社出る前には同じ部署のUちゃんに「あのさー、この後、雨降らない様にしといてくれる~?」と命じ(←ムチャクチャ)…
来ました。
これでバッチリ!!(何がや)
…気分の問題です、はい、所詮、そんなもんですわ(-_-)
しかし会社を出て空を見上げると、雲はどんよりと重たいものの…雨を抱えたまま奇跡的に持ちこたえています。針でピシュ!って突っついたら、ドバーッッてきそうだや…と思いながら、急げ急げ!と官邸前へ向かいました~。
時折、ポツ…とくるものの、何とか降らないまま、財務省交差点まで来ました。今日は台風による悪天候を考慮して、官邸前エリアだけに絞り、時間も30分早く切り上げ7時半で終了とのこと。HPやツイッターなどでは「どうか、ご無理のない参加を…」と自粛気味に呼び掛けたそうです。
それでも…
金曜のこの場所には、約1100人の人達が、いつ降りだすか分からない不安定な空の下、原発反対の叫び声を上げていました。
急げ急げと小走りにガツガツ歩いて来たので、到着した時には、何気に汗だく…(@_@;)上着も脱いで長袖Tシャツを肘上まで腕まくりした格好で歩いて行くと、官邸前抗議が始まった時からずっと取材に来てくれている記者さんにバッタリ。私を見るなり笑いながら「寒くないですか?(笑)」。「いや何か急いで来たら汗だくで…」と言うと「風邪引かない様に気をつけて下さいよ。ホントに毎週毎週お疲れ様…」と仰るので「お互い様ですよ~」と笑うと「ホントにみんな頑張りますよね…」。空を見上げながら私が「雨ギリギリもってますね」と言うと「ホントに…。今日はどうなることかと思いましたよ」「天気くらいは味方してくれないとなぁ~。でも最近、奇跡的に大丈夫なパターンが多いんですよ」すると記者さんは「誰かが言ってました…みんながここで原発反対!原発反対!って叫んでると、雨も止まってくれるんだって…」…。「いよいよ天も味方し始めたんですかねぇ」お互い笑いながら、じゃあまた…と言って別れました。
グミ坂に差し掛かかった所では、年配のご夫婦がキョロキョロしながら歩いています。二人は、グミ坂の由来が書かれた看板(?)の前で立ち止まると、熱心にそれを読み始めました。初めて来たのかなぁ…。二人を追い越し、そのままグミ坂を登っていくと、いつもの様にたくさんの人達が元気にコールしていました。
こんな天気なのに…みんな凄いな。そう思いながら、舗道を上がって行きます。
こんな天気なのに…いや、こんな天気だからこそ…でしょうか。何だかみんな凄く生き生きした顔をしている様に見えます。コールもパワフル!!何か元気出る~!
鳶職の格好をした、金髪でロン毛のおじさんが、手作りの旗を担いで歩いて来ました。ダボダボのズボン、頭には手拭いを巻いてます。肩で風を切り(笑)颯爽と歩いて行きました。
台風の心配があるにも関わらず、続々と人が集まって来ます。グミ坂の最後尾は緩やかに伸びていってます。
『核の星、カネの星?それでも命の星、水の星』と書いたプラカードを掲げている男性は、青いウインドブレーカーをすっぽり着込み、寒そうに立っています。
その近くでは、やはり手作りのプラカードを持った女の子が、元気な声で力一杯コールしていました。
フライヤーとカンパ袋を持って立つとすぐ、一人の女性が「そのチラシ、11月の予定のかしら?200枚くらい頂きたいんだけど…」と、近づいて来ました。「毎月必ず、自分のマンション全部と、近くのマンションにポスティングしてて…」とても静かな口調でそう言うと、取り立ててニコリともせず、真剣な表情でフライヤーの束を受け取り、雨に濡れないように注意深く抱えながらペコリとお辞儀をして…帰って行きました。毎月必ず200枚のフライヤーをポスティング…。頭が下がる思いで、帰って行く彼女の後ろ姿を見つめていました。
そこへ「それ、新しい予定表?一枚もらっていいかい?」と、一人のおじさんが元気な声でニコニコとやって来ました。「この間、金曜に来たらやってなくてさ、びっくりしちゃったよ。ちゃんとコレ(チラシ)の予定表見とかないとダメだね(笑)」「あ、この間の金曜ですね!日曜にデッカイのがある時は、休みになること多いんですよ~。すみません!」「いやいや、いいんだよ、ちゃんとチラシ見てない俺が悪いんだからさ~。でもさ、その日、他のとこが抗議やっててさ。『これ、原発反対の抗議か?』って聞いたら『そうだ』って言うから、同じ原発反対なら何だっていいや、ってんで参加したんだよ。だから無駄足にはならなかったよ(笑)」おじさんはニコニコしながら話します。
この日はいつも大規模行動の時に協力団体になってくれてる「再稼働阻止全国ネットワーク」が主催で原発反対の抗議をしていました。毎週恒例の抗議が無い時に、何か問題が起こるといけないので、信頼できる「再稼働阻止全国ネットワーク」の方たちが、反原連の抗議に代わって原発反対の抗議を開催してくれたのです。
「我々、年金生活者にはさ、往復千円ちょっとかかる電車賃も、毎週毎週だとバカにならないからねぇ~」「いや、ホントですよ…」「ウチの家族には、そんなバカな事やめろって言われてんだけどさ、やめるわけにもいかないだろう…」おじさんはちょっと苦笑い。そして、安倍首相や原発の話を少しした後、「まあ、とにかく…頑張るしかないね!」笑顔でそう言い、帰って行きました。
もうすぐ7時半になります。最終コールが始まりました。
グミ坂の途中では、ドラム隊が入り、コールを盛り上げています。いつもパワーをくれるドラム隊の人達…ありがとう!
ふと見ると、ボクシングの素振りをしながらコールしているおじさんが…(笑)。いやホントに、両手をパンチするように前後にパパンと出しながらコールしてるのです!しかも、何だかサマになってるし…。ほとんど目をつむったまま、何かと闘っている様な雰囲気…。凄い…(^^;;でも、いいぞいいぞ~~。
その横では対象的に、じっと黙って座ってる男性が…。
みんながみんな、それぞれの在り方で集まってるこの抗議。
7時半になりました。いつもよりちょっと早めに終了です。なんとか雨には降られませんでした~。途中、ポツポツきたりしたものの、奇跡的に大丈夫でしたっ!
帰りにグミ坂を下っていたら、前から歩いて来たおじさんが、テノール歌手みたいなスペシャルいい声で「お疲れさーん」(←テノールで)と(^^;。不意打ちだったので、ソプラノ声で返す事ができず、「お疲れ様でしたー!」と元気に返して、ポツポツきはじめた官邸前を後にしました。
来週の金曜は11月です。恐ろしやー。これからまた、寒い季節がやって来ます。気温が下がってくるにつれ、何となく気持ちも落ちてくる…という人もいると思います。色んな事に左右されますもんね、気持ちって…。
私はツイッターやfacebookや…そういうものを全くやっとらんのですが、友達がツイッターで読んだからといって、元フジテレビアナウンサー山川建夫さんの言葉をメールして来てくれました。山川さんは、テレビ業界に嫌気がさして退社、東京から田舎へ移住したそうです。もう、100%原発大反対の人です。
『友人と話していて「この先、何年生きられるか分からないが・・」と言ったら、即座にピシャリと言われた。「そういう言い方はやめたほうがいい。300年位、生きるという気持ちでいなけりゃ駄目だ!米国の言いなりになって、こんな国にされた落とし前をつけてもらわなきゃ死ねないよ!」と。全くその通りだ。そう言えば、宇宙飛行士の秋山豊寛さんも、「私は120歳まで生きて、原発事故を起こした奴らを玄孫の代まで呪ってやる!」と仰っていた。そう簡単に許してなるものか!』
すげぇな…。でも、そうだよ、確かにそうだよな…って思いました。もう、私も、ゾンビみたいになって150歳くらいまで生きようと思います。
ゾンビなので、多分税金も安くなるのでは…
映画とかも、シルバー割引ならぬゾンビ割とかあるような気がします…
ゾンビファッションとか流行ったりしちゃって…
『当店ではゾンビの入店はお断りしています』とか貼り紙あったら悲しいけど…
(誰か止めて)
んじゃ、また来週~
来週は台風来ないで~!!!