【2013/6/7】東京・官邸前


恒例!スタッフの方からの官邸前アクションの報告です!!
*********
130608_1218~01.jpg
6/2のNO NUKES DAYが終わっても、線路は続くよどこまでも~(どこまでもはやめて欲しいが)今週もまたいつも通り、金曜官邸前抗議が始まりました。
全く、こうなりゃ根比べだよ…
今、あちこちで紫陽花が花開いてますね。
紫陽花…去年の今頃、官邸前抗議の参加者がどんどん増え始めました。誰ともなくこの官邸前抗議を《紫陽花革命》と呼ぶようになり、沢山の人達が紫陽花の花を付けて、この官邸前に集まりました。紫陽花はあの時、私達にたくさんの勇気を与えてくれた花です。
なので今日は紫陽花のブローチを付けて官邸前!わっ、おっしゃれぇ~(と、自分で言っておく)
さて!今日はグミ坂の、抗議列最後尾辺りに立ってました。
最後尾は人もまばらで、ガンガンコールって感じではないのですが、何かいつも独特の雰囲気があって面白い場所です。
風呂にでも浸かってるみたいに両腕を塀にあずけて寄りかかってるおじさんは、めちゃくちゃリラックスした声で「原発反対~っ再稼働反対~っ」。ええ雰囲気や~
その横では、地べたに座り込んで頬杖つき、無言でじっと前方を見てるおじさん。
かと思えば、お手製の光るプラカードを振りながら前方に向かってリズミカルにコールしているおばさんも居ます。
慣れない手つきでプラカードを掲げ、黙って立ち続けてる若い女の子。
うつむき加減で吐き出す様に「原発反対!!」って叫んでる男の子も。
みんなそれぞれのやり方で《 ここにいる 》んですよね。
今日も外国人の背の高~い男性がニコニコと参加者の列を見ながら歩いて来たので「お疲れ様で~す」と言うと、にっこり「ハーイ!」(きた!)私もにっこり「ハーイ!」… (ギブミー英会話)
ふと、ちょっと不安げな顔をした男性が近付いて来ました。
「あの…すいません、ここは何エリアなんですか…?」
「官邸前エリアです」
「国会前とかはまた別の場所なんでしょうか…?」
「はい、この道を下って行った交差点を左折すると行けますよ!向こう側にも沢山人がいて色々やってます」
「へぇ…」
「初参加ですか?」
「はい…」
男性は、どうもありがとうと言うと、キョロキョロしながらグミ坂を下って行きました。
するとまた別の男性が
「すみません…この抗議って、いつもこのくらいの人数集まってるんですか?」
「まあ、だいたいこんな感じですかね~。増えたり減ったりしますけどね」
「へぇ…凄いなぁ…」
「初めてのご参加で…?」
「はい」
今日はやたら初参加者の方に話し掛けられました。毎回の様に初参加者さんはいらっしゃいますが、今日はもしかしたら特に多かったのかもしれないなぁ…。
この男性、自転車隊がゾロゾロと走って来るのを見ると、物凄いビックリして
「あっっっあれは何ですか!!!???」
チャリデモ隊の説明をすると
「凄い!!おおおぉ!!いいぞいいぞーっ!」
と、子供の様に大喜びしながら手を叩き、自転車隊にエールを送っていました。そして…
「こういうのを見ると、まだまだ希望があるって思えます」
と言い、来て良かった、ありがとう頑張りましょう、と言って帰られて行きました。
しばらくすると、今度は高校生らしき男の子が二人、いかにも初めて来ましたって感じの、ちょっとおっかなびっくりな様子で歩いて来ました。でも、その表情はとても明るく、目を輝かせながら物珍しそうに参加者の皆さんをチラチラ見ていました。私がいつも通り「お疲れ様でした~」と声を掛けると、これまた珍獣でも発見したかの様な顔で私を見て、そのまま無言で坂を下って行きました…。
今日も私はカンパ袋を持って立っていたんですが、目の前にいるおじさんがカンパ袋を凝視しているのが見えました。
(…何じゃろ、デカすぎるって思ってんのかな?)

(まだ見てる…)

(見てる…)

すると、そのおじさん、財布を取り出しながら近付いて来たかと思うと「…《カンパ袋》って紙が裏返ってるんだよ…」と言って、裏返しになってる紙を自ら直し、カンパして下さった後、やっとニコッとして帰られて行きました。…だからずっと見てたんか!!きっと気になって気になって仕方なかったのですな。すいません、気を付けます…(^^;ありがとうございます!
と、気が付くと、私の横で立ち止まって財布を取り出してるおじさんが…。このタイミングってかなりビミョーで、ここで「ありがとうございます!」って言っちゃうと何か催促してるみたいだし、でも知らんぷりしてんのも変だし…えーとえーと…と、チラ見してると、おじさんはいきなりバッと顔をあげ「大金は無理だよ!」ぎゃはは!思わず大笑いしてしまいましたです。いやいや、もうホント、そのお気持ちが嬉しいのです…ありがとうございます!おじさんは笑いながら手を振って帰っていきました。
抗議終了後、いつもの様に皆さんを見送っていると、二人組の男性が真剣に話ながら歩いて来ました。「俺たち馬鹿だったから…政府に全部任せておいたから…こんなんなっちゃったんだよ。俺らが馬鹿だったんだよ。」
経産省前の歩道を通りすぎる時、タクシー運転手のおじさん達が缶コーヒー片手に、経産省前から聞こえてくるスピーチを聞きながら話してるのが耳に飛び込んできました。「アレとアレは団体が違うみてぇだな~」「そうなんだよ、色々なとこが原発反対やってんだよ」そうです、アレとアレは違う団体だけど、原発反対というとこで、根っこの部分はみな一緒なんですよ。
そういえば今日《原子力よりも愛のエネルギーを》と書いた紙を掲げてる人がいました。
誰かを思う気持ち…
家族や親しい友人以外でもいい。まだ会ったことのない、遠く離れたところに住む誰かを思いやる気持ち。
世の中がそんなエネルギーでいっぱいになったら、色々変わるんだろうなぁ…いろいろ。
さ、また頑張るぞっ!
では、また来週!
See you again!(←ちと言ってみた)