【2014/10/17】第122回:東京・官邸前


fryday_banner-thumbnail2.jpg
10月17日(金)の「再稼働反対!首相官邸前抗議!」のレポートをお届けします!
次回は10月24日(金)です!
次回の詳細はこちら
**********
カタバミ.jpg
官邸前に向かってオフィス街を歩いてる時、サラリーマンでいっぱいの牛丼屋の店内で、綺麗なOLさんが牛丼を目の前に、箸を持ったまま軽く手をあわせ、『いただきます』と口元を動かしているのが見えました。
何だかとてもいい光景でした。丁寧に食する、感謝していただく…という、美しい、大事な場面を見た気がしました。
最近、何人かの方から「あの金曜官邸前レポートって何人位で書いてるの?」と聞かれたんですが…私一人で書いてます…はい。(私って誰やねん)いやはやこんな拙い文章をいつも読んでくれてる皆さん、改めてありがとうございます…(>__<)薄着で何の用意もない私はそろそろ限界きてるで~(寒)とっ、とりあえず、官邸前へ向かうか…。
国会前エリアをあとにして官邸前へ向かうべく歩き出すと、後ろから私の名前を呼ぶ声が…。
振り向くとスタッフのIちゃんが走って来ます。
「これ、返すの来週でいいんで持ってって下さい…風邪引いちゃう…」と、Iちゃんが差し出したのは、綺麗な刺繍が施してある黒いショール。
「え…でも、Iちゃんは?」
「私はコレがあるから大丈夫!」
Iちゃんは着ているフードの付いたパーカーの襟元をギュッと掴んでみせると、ニコッと笑って国会前へ戻って行きました。
Iちゃんありがとう。ショール、とっても温かかったよ、とっても。
ショール.jpg
時刻は19時半を過ぎています。それでも今から参加する人達がワラワラとやって来ます。
財務省交差点で信号待ちをしていると、寄せ書きを集めているおじさんが「今度はノーベル賞とれるよう頑張ろう~」と話しかけてきました。「ね~!原発無くすチャンスになったかもしれないのに~」と悔しそうに言うと「強敵がいたからなぁ~」と笑顔。
グミ坂を上がって行くと、地下鉄4番出口前にスタッフのTちゃんが立っていました。こちら官邸前ももちろん、吹き抜ける冷たい風に凍えそうな寒さ!「さっ、さっ、さっむいよ~!!!」と泣きそうなTちゃん(^^;
20時です。寒さを吹き飛ばすかの様な最終コールを終え、122回目の金曜官邸前抗議は終了しました。
フライヤーを配ったりカンパを戴いたりの後、寒さでぶるぶる震えるTちゃんと2人、先頭ブースに向かってグミ坂を歩いていると、突然Tちゃんが思い出した様に、
「あたし、グミ坂の4番出口って初めて立ったんだけど、もう~驚いたよっ!本当に終了10分前とか5分前に来る人が何人もいるのね!ビックリしちゃった!10分でも5分でもいいから、声をあげたいって気持ちがあるんだよね、すごいね!」
と少々興奮しながら言い出しました。
「そうなんだよ、ホントすごいなって思うよ…」
「も、終わり3分前とかにも来てさ!ビックリしちゃった!ホント!」
だから、続いているんだよね。
先頭ブースで片付けをしていたら、1人のご婦人が「抗議はもう終わっちゃったの?」と近づいてきました。
「初めて来たんだけど…何時から何時までなのかしら?」
「8時までなんですよ~。毎週金曜の18時~20時です」
と反原連のスタッフさんが説明すると、ご婦人はニコッとして
「18時~20時ね。毎週金曜にやってるのね。」
と言って帰って行かれました。
そうそう!この間、友達から聞いた話です。
友達の子供が通っている保育園に、福島出身のママがいるそうです。大飯原発が動かされるか否かの時、ママは育児で行けないので代わりに旦那さんに官邸前抗議に行ってもらったらしく、原発にはもちろん大反対で、被爆に関してもとても不安を抱いてるそうです。
私の友達が、私の事を話したら、
「えっ!?金曜官邸前抗議ってまだ続いてたの!?」
と、ものすごく驚き、そして
「もう…ずっと続けてくれてたことに、本当に感謝したい…ありがとうと言いたい…」
と、言っていたそうです。
忘れ去られるのが一番怖い…と。
この金曜官邸前抗議が続いているという事は、ある意味、『福島を忘れてないよ、見捨ててないよ…』という、証しになっているのかもしれません。
この抗議が続いているという事に勇気づけられてる福島の人がいる…
もう、それだけで私は、まだまだ頑張れそうな気がしました。
そんな人がたった1人でもいる限り、これからも私は金曜夜には、ここ官邸前へ向かうと思います…
(ただし、来週は厚着でな…)
んじゃまた来週~!
ううう…寒っ!
国会議事堂.jpg