「11.11反原発1000000人大占拠」開催概要

Posted on 9月 27th, 2012

「11.11反原発1000000人大占拠」終了報告

【重要なお知らせ】
●首都圏反原発連合では、「11.11 反原発 1000000 人大占拠」の開催に当たり、日比谷公園集合/出発のデモを予定しておりましたが、東京都が公園の使用を認めず、デモ申請を行うことができない事態となっておりました。
11月2日の東京地方裁判所の申し立て棄却をうけ東京高等裁判所への抗告をしておりましたが、本日棄却となりました。
この結果は市民の権利を奪い、表現の自由を侵害するものです。今回の決定をうけ当初予定していた11.11反原発1000000大占拠」における13時から予定しておりました請願デモについては中止せざるを得なくなりました。ただし、15時からの首相官邸前、国会議事堂周辺をはじめとする永田町・霞が関一帯の抗議行動については開催いたします。

★ プレスリリース/「11.11 反原発 1000000 人大占拠」での日比谷公園使用に係る裁判結果について(PDFファイル)    

●当日は雨天が予想されます。ご参加の方はなるべく合羽等の雨具の準備をお願いします。

▼日程

【日時】2012年11月11日(日)15:00〜19:00
※悪天候の場合は中止。※予定は変更する場合もございます。HPにて詳細ご確認をお願いします。

★13:00〜 国会&霞ヶ関周辺デモ(予定)
※現在調整中です。決定次第ちらし、HPにてお知らせいたします。
待ち合わせ:日比谷公園付近(予定)
千代田線・日比谷線「霞ヶ関駅」C1出口より 200m、丸の内線「霞ヶ関駅」B2出口より300m、
都営三田線「内幸門駅」A7出口より150my

★15:00〜19:00 国会周辺並びに周辺省庁での抗議・占拠
首相官邸前/経産省前/文科省前などにも抗議エリアを設けます。
★17:00〜19:00 国会正門前大集会
【主催】首都圏反原発連合 -Metropolitan coalition against nukes-
【協力】さようなら原発1000万人アクション/原発をなくす全国連絡会/脱原発世界会議/経産省前テントひろば

▼「11.11反原発1000000人大占拠」プログラムと地図

プログラム(PDF)
画像をクリックすると拡大して表示されます。
抗議エリアマップ

 

 

 

 

 

 

 

★抗議エリア
国会前抗議 呼びかけ:首都圏反原発連合
官邸前抗議 呼びかけ:首都圏反原発連合
経産省前抗議 呼びかけ:火炎瓶テツと仲間たち
文科省前抗議 呼びかけ:脱原発国民の会
財務省前抗議 呼びかけ:ZENKO(平和と民主主義をめざす全国交歓会)
外務省前抗議 呼びかけ:ZENKO(平和と民主主義をめざす全国交歓会)
厚生労働省前抗議 呼びかけ:原発をなくす全国連絡会有志
東電前抗議 呼びかけ:原発をなくす全国連絡会有志
Jパワー前抗議 呼びかけ:原子力規制委員会を監視する有志市民★催し
経産省前テントひろば うたや踊りなど

▼「11.11反原発1000000人大占拠」トイレ&コンビニマップ

画像をクリックすると拡大して表示されます。

 

 

 

 

 

 

セブンイレブンでネットプリントが可能です。 ネットプリント番号:17428528(期限:11/14まで)

※国会正門付近は17:30以降使用できる箇所が少なくなりますのでお気をつけ下さい。
それ以外のエリアについても往来の混雑が予想されますので、予めご了承をお願いします。

▼国会正門前大集会(17:00~19:00)

司会:千葉麗子

スピーチ:(順不同・敬称略)

民主党 大河原雅子 参議院議員
国民の生活が第一 姫井由美子 参議院議員
日本共産党 志位和夫 衆議院議員
社会民主党  福島瑞穂 参議院議員
新党きづな  中後淳 衆議院議員
減税日本  小林興起 衆議院議員
新党大地・真民主 平山誠 参議院議員
新党日本 田中康夫 衆議院議員
無所属 亀井静香 衆議院議員
みんなの党 川田龍平 参院議員

鎌田慧(さようなら原発1000万人アクション/ルポライター)
落合恵子(さようなら原発1000万人アクション/作家)
吉岡達也(脱原発世界会議/ピースボート代表)
伊藤達也(原発なくす全国連絡会)
渕上太郎(経産省前テントひろば代表)

飯田哲也(環境エネルギー政策研究所 所長)
湯川れい子(音楽評論家)
藤波心(タレント)
山川健一(小説家/東北芸術工科大学教授)
坂本龍一(ミュージシャン) ※録音メッセージ
津田大介(メディア・アクティビスト)
松原広美(サーフライダー・ファウンデーション・ジャパン事務局長)
竹内昌義(建築家/みかんぐみ)
宇都宮健児(元 日本弁護士連合会 会長)

*15:00~17:00前段集会あり。音楽や参加者のスピーチなど。ご参加ください!

▼注意事項

●雨天の場合は雨具(なるべく合羽)のご用意をお願いします。
●予定は変更する場合もありますので、HPでご確認をお願いします。
●あくまで非暴力直接行動として呼びかけられたものです。その趣旨を十分にご理解頂きご参加いただきますよう、宜しくお願い致します。
●反原発・脱原発というテーマと関係のない特定の政治的テーマに関する旗やのぼり、プラカード等はご遠慮ください。詳しくはこちら→http://coalitionagainstnukes.jp/?p=789
●特定の団体や宗教団体による参加者への勧誘に準ずる行為はご遠慮ください。
●現場が混雑が予想されるため、ビラ配布や署名集め等は終了後の19:00以降にお願いします。
●スタッフの誘導にしたがって動いて下さいますようご協力お願いします。
●その他、基本的に主催者の指示に従っていただきますようあらかじめご了承お願いたします。

 

▼告知協力のおねがい

↓以下の「ツイート」ボタンで情報拡散にご協力下さい↓


ツイート文:【予定変更あり!11.11反原発1000000人大占拠】11/11(日)13時〜のデモは中止、15時〜19時の首相官邸前、国会議事堂周辺をはじめとする永田町・霞が関一帯の大規模占拠抗議行動は決行!全国から結集を!ツイートボタンで拡散を!→ http://coalitionagainstnukes.jp/?p=1275

 

▼11.11賛同団体/グループ 募集中

賛同の表明として、団体名またはグループ名をWEBに掲載いたします。賛同金はいただいておりません。お申し込みはこちらから→(フォームのページへ

▼フライヤー

↓下記のファイルを印刷してご利用ください。↓

PDFファイル

※フライヤー配布について、応募フォームによる受付は終了しました。皆様のご協力、ありがとうございました。

 

 

▼呼びかけ 

2012年夏、野田政権は世論である「再稼働反対」の声を踏みにじり、安全対策も後回しのまま、「国民の生活を守る」という嘘で脅しをかけ、大飯原発3、4号機の再稼働に踏み切りました。
ところが関西電力の総出力に占める大飯原発の割合は1割にも満たず実質的に「原発ゼロ」の状態が続いており、夏場さえほぼ「原発ゼロ」で乗り切ったのです。
この事実こそが、既に日本が原発に依存していないこと、即時停止こそが現実的な選択であることをはっきりと証明しています。

にも関わらず、政府はパブリックコメントで「原発ゼロ」を望む声が9割以上である事を無視し、経済界アメリカからの要請を受け「原発ゼロ」を含む「革新的エネルギー・環境戦略」の閣議決定を見送り、また、本来「原子力ムラからの影響排除」という趣旨で進められていた原子力規制委員会および規制庁の人事を、田中俊一氏をはじめとした原子力ムラの人間や官僚によって構成しました。
こうした法規を軽んじ脱法的に原発を延命させようとする動きによって、全原発即時廃止の実現は雲行きが非常に怪しくなっています。
日本はこのままでは、福島第一原発事故の収束もままならず補償等の問題も解決しないまま永久的な原発存続への道を突き進んでしまいます。

しかし、それでも私たちには、声をあげることにより世の中をより良く変えていく力がまだまだあります。
5月5日から56日間も続いた全国50基すべての原発の停止も、市民が首相に直接面会し要求をした事も、政府が一時的にも「原発ゼロ」に言及した事実も、すべては原発のない社会を望む一般市民が黙ることをやめ、声をあげたことから始まりました。
3.11以降全国各地で毎週続いてきたデモ、毎週金曜の首相官邸前をはじめとする全国で100を超える地域での抗議行動パブリックコメントや署名ほか、一般市民の懸命な反原発運動は、確実に政府を揺るがしてきました。

首都圏反原発連合は、来る11月11日首相官邸前、国会議事堂周辺をはじめとする永田町・霞が関一帯で、未だかつてない大規模な抗議行動を呼びかけます。
政府に「原発ゼロ」の英断をさせ、再稼働を許さず全原発即時廃止を実現するために、100万人規模の強大な声をたたきつけましょう!
首都圏にお住まいの方はもちろん、全国からの皆さんのご参集をお願いします。


 

The “11.11 One Million Strong Against Nuclear Energy” demonstration scheduled to start at 13:00 in Hibiya Park on Sunday, November 11, has been canceled due to a rejection by the High Court of our petition for use of the park. However, the protest is still scheduled to go ahead from 15:00 at our standard protest areas. As such, we would appreciate it if people instead went directly to these respective protest areas.

For details, please see http://coalitionagainstnukes.jp/.

Additionally, an assembly will be held from 17:00~19:00 in front of the main gate of the parliament building. We welcome your attendance here too.

11.11 One Million Strong Against Nuclear Energy

[Urgent] This Sunday, November 11, we are seeking to get a massive number of people to protest against nuclear energy in the Nagata-cho & Kasumigaseki area, which includes the Prime Minister’s residence and the Houses of Parliament. Our aim is to get people from all over Japan to join us in voicing our opposition.

[Host]: -Metropolitan Coalition Against Nukes-

[Cooperating organizations]: Sayonara Genpatsu 10 Million People’s Action / Genpatsu wo Nakusu Zenkoku Renrakukai / Global Conference for a Nuclear Power Free World / Keisanshou-mae Tent Hiroba

[Appeal]

In summer 2012, the Noda cabinet dismissed calls by the general public for “no restarts” to Japan’s nuclear power plants, rejecting countermeasures for safety and granting approval to a restart of Oi
Nuclear Power Plant’s No. 3 & 4 reactors.

However, these restarts provided no more than 10% of Kansai Electric Power Co.’s electricity supply, demonstrating that Japan was able to survive without nuclear power during the peak power consumption period of summer. In turn, this clearly shows that the Japanese people do not need to depend on nuclear power, even while alternative power sources are being developed. Moreover, it proves that terminating operations at all nuclear power plants is a viable solution to our national
security problems.

The government has chosen to ignore the fact that over 90% of public opinions gathered call for “zero nuclear energy.” In fact, the government acquiesced to demands from the Japanese business community and the United States to defer formulation of a national energy strategy that includes a retreat from nuclear energy. Additionally, the government modified its stance of removing pro-nuclear staff from the to-be-renewed nuclear regulatory commission and its bureau, instead assigning the pro-nuclear Shunichi Tanaka and others to its seats. Such actions make a mockery of laws and principles, and will only prolong nuclear business and put the possibility of future abolition of nuclear power in doubt. Japan is thus heading down a road to continued nuclear power in spite of the ongoing Fukushima disaster and the lack of compensation made to date.

Nonetheless, do not forget that we the people have the power and opportunity to change the world. The fact that we spoke out and did not remain silent on the nuclear issue enabled us to achieve various goals, such as the 56 days of no nuclear power that began on May 5th, the meeting with Prime Minister Noda and the “Nuclear Phase Out” declaration formulated by the government (even if it was only temporary).

The demonstrations held throughout Japan since March 11, the weekly protests in front of the Prime Minister’s residence and in some 100 or more other places nationwide, the public hearings, the petitions and all other civic actions have undoubtedly had an impact on the government.

On Sunday, November 11, we, the Metropolitan Coalition Against Nukes, are calling for a gathering unprecedented in size in the Nagata-cho and Kasumigaseki area, which includes the Prime Minister’s residence and the Houses of Parliament.

Together, let’s make our voices heard and steer the government toward a zero nuclear energy policy, with no reactor restarts and a commitment to abolish all nuclear plants immediately. This action is not solely reserved for residents of the Tokyo Metropolitan area. We are calling for people from all over Japan to join us in making a stand against nuclear power.

「11.11反原発1000000人大占拠」バス・ツアーのご案内 »