★『徹底討論!脱原発実現のための「脱原発法」意見交換会』開催のお知らせ/「私たちで作る脱原発法」ご意見募集!

Posted on 9月 17th, 2012

この度、首都圏反原発連合は、「脱原発法制定全国ネットワーク」と合同で、脱原発法に関する討論会を開催することに致しました。
脱原発派の議員にもご参加頂き、脱原発に向けて世論を盛り上げていきたいと考えております。

それに向けて、サイトを通じて、普段デモや抗議行動に参加している皆さんの考える脱原発法、即時あるいはできる限り速やかに原発をなくす為のアイディアを募集することに致しました。

首都圏反原発連合は、皆さんから頂いたアイディアを集約し、脱原発法の草案及び脱原発基本計画の草案を作成し、この討論会の機会を通じ即時あるいはできる限り速やかな脱原発に向けて世論を高め、11/11(日)に予定されている首都圏反原発連合主催「11.11反原発1000000人大占拠の大きな盛り上がりに繋げていきたいと考えています。
乞うご期待下さい!

▼10/26の意見交換会に向けて、首都圏反原発連合が皆さんのご意見を集約した、「脱原発法」草案をアップしました!

「脱原発法」草案はこちら

※この脱原発法草案は、現時点ではあくまで草案であり、26日の意見交換会で話をする上で参考にするためのものです。
当初の予定では「脱原発基本計画の草案」も作成することになっていましたが、今回は「脱原発法」草案のみと致しました。
なお、この草案の文言は、今後細かな部分で内容に変更がある場合があります。予めご了承ください。

 

▼意見交換会の詳細

『徹底討論!脱原発実現のための「脱原発法」意見交換会』
主催:脱原発法制定全国ネットワーク、首都圏反原発連合
日時:10月26日(金)12:00〜15:30 予定
場所:参議院議員会館1階 講堂(定員300名)
参加予定:法案提出に関わった国会議員、脱原発の意思を持つ一般市民・国会議員

※11:30より議員会館入り口にて通行パスを配布いたします。
※定員300名を超えた場合、入場できません。

↓以下の「ツイート」ボタンで意見交換会の情報拡散にご協力をお願いします!↓


ツイート文:【26日に向け脱原発法草案を公開しました/徹底討論!脱原発実現のための「脱原発法」意見交換会】10/26(金)12〜15時半、場所:参議院議員会館1階講堂、定員300名(議員会館入口にて通行パスを配布)リンク先のツイートボタンで拡散を!→ http://coalitionagainstnukes.jp/?p=1195

 

▼集会の趣旨

脱原発法制定全国ネットワークから

2011年8月22日に、脱原発法制定を求める「脱原発法制定全国ネットワーク」が結成され、9月7日に102名の国会議員の賛成・賛同を得て、脱原発法が衆議院に提出され、継続審議となりました。
脱原発法案は次の総選挙で脱原発反愛候補者を見分けるための有効なツールとなります。
脱原発法は、大飯3、4号機などの原発再稼働を容認するものではありません。
法案には個別の原発の再稼働は、法案には個別の原発の再稼働は、最新の科学的知見に基づく基準に合格することが条件であることを明記しました。
原発をやめるべきだという私たち一人一人の倫理的な判断を政治的な現実に転化していくためには、国の政策を法律によって明確に方向転換することが必要です。

 

首都圏反原発連合から

10月26日の「脱原発法制定全国ネットワーク」との意見交換会では、現在衆議院に提出されている脱原発法案と、首都圏反原発連合が今後多くのデモ/抗議参加者から意見集約し発表する予定の「全原発即時廃止」の脱原発法草案を照らし合わせ、脱原発派の国会議員の方々もお招きし、民意である「全原発即時廃止」について、本音で話し合います。
脱原発法を話の軸に、いかにして即時あるいはできる限り速やかな脱原発を実現できるかを、それぞれの立場を超えて議論します。
本当の「国民的議論」、その最初の一歩がこの日動き出します。
この会が、全原発即時廃止に向けた国民的議論の活性化につながることを強く願っています。
▼討論会出席者
■登壇
・脱原発法制定全国ネットワーク:
河合弘之(代表世話人、弁護士)
鎌田慧(代表世話人、ルポライター)
只野靖(事務局次長、弁護士)
藤本泰成(平和フォーラム事務局長)
・首都圏反原発連合:
小澤弘邦(ロックの会・個人有志)
野間易通(TwitNoNukes)
服部至道(エネルギーシフトパレード)
原田裕史(たんぽぽ舎)
平野太一(TwitNoNukes)
・法案提出にかかわった国会議員ほか
■司会
海渡雄一(事務局長、弁護士)
Misao Redwolf(首都圏反原発連合/NO NUKES MORE HEARTS)

 

↓ご意見は以下のメールフォームからお寄せ下さい!↓


お名前(必須)
メールアドレス(必須)
タイトル
本文(2000字以内)

▼「首都圏反原発連合」とは

首都圏反原発連合(Metropolitan Coalition Against Nukes) は、首都圏でデモなどを主催しているグループや個人が力を合わせようと、2011 年9 月に立ち上がったネットワーク( 連絡網) です。

最初の取り組みとして10 月22 日にアメリカの「反核連合」の集会と連帯して、「Rally for a Nuke-FreeWorld in JAPAN」( 集会& デモ) を開催しました。

2012 年1 月14 日には、パシフィコ横浜で開催された「脱原発世界会議 2012 YOKOHAMA」に連動したデモ「脱原発世界大行進 in 横浜」を行い、約4500人が参加、そして、あの3.11から1年が経った2012 年3 月11 日には、「3.11 東京大行進 – 追悼と脱原発への誓いを新たに-」を主催、大規模なデモを行ったのち、「3・11再稼働反対!全国アクション」と協力し、国会議事堂をキャンドルで包囲するアクションを行い、約14,000 人が参加しました。

2012年3月末からは大飯原発再稼動問題に対して首相官邸前抗議行動を呼びかけ、現在は毎週万単位の参加者とともに抗議を行っています。

7月29日には、「脱原発国会大包囲」を開催、参加者推定20万人が国会議事堂を包囲しました。

今後も国内外の様々なグループや個人と連帯し、脱原発を目指します。

【参加グループ】(2012.6.24現在・50音順)
Act 311 Japan / 安心安全な未来をこどもたちにオーケストラ / 「怒りのドラムデモ」実行委員会 / エネルギーシフトパレード / 「原発やめろデモ!!!!!」関係個人有志 / くにたちデモンストレーションやろう会 / 脱原発杉並 / たんぽぽ舎/ TwitNoNukes / NO NUKES MORE HEARTS / パパママぼくの脱原発ウォーク/ 野菜にも一言いわせて!原発さよならデモ/ LOFT PROJECT / 他個人有志

« ★9.12野田首相に対する緊急申し入れ行動
★首都圏反原発連合/全原発即時廃止キャンペーン »