【2014/01/10】東京・官邸前


本年最初の官邸前レポートです!
今年もはりきって行きましょう〜!!
3月には
0309 NO NUKES DAY原発ゼロ☆大統一行動 ~福島を忘れるな!再稼働を許すな!~
の実施も決定。
アクションを行われる方はぜひこちらから登録を!
*********
プランター.jpg
朝、古い家が立ち並ぶ路地を抜けて会社に向かっていると、一軒のお家の前に新しいプランターが並んでいました。ネームプレートには『朱色』『赤黄』『白』と、手書きの文字。チューリップかなぁ。そっか、季節は春に向かっているんだなぁ。
さあ今日は2014年、最初の金曜官邸前抗議です!
年明け前から寒い日が続いていますが、今日も昼間から寒々さむざむ~(ぶるぶる)こりゃ、夜は寒そうだな…の予想通り、新年一発目の官邸前抗議は寒い寒い抗議になりました~(ぶるぶる)。
今回、1月・2月はウィンタータイムとして、抗議時間を30分短縮し、18時30分~20時の1時間半です。
冷たい空気の中、財務省交差点までたどり着きました。新しい年が開けても、いつもの様にいつもの如く…原発反対の声をあげにたくさんの人達が集まっています!最近はずっと官邸前付きのスタッフだったので、国会前やファミリーエリアの様子を見に行く事が出来ませんでした。なので今日は、まず、国会前方面へ向かってみました!
原発所有地への応援寄せ書きを集める人達、楽器を鳴らす人々、安倍発言の書き起こしをしてるお兄さん、キヨシローの歌を流している皆さん、キャンドルを灯す人達、暖かい飲み物と身体に優しい食べ物を提供する二人…
いつもの人達がいつもの場所に、今年も変わらず居てくれています。
国会前エリア。寒い中、たくさんの人達が列をなし真剣な顔でスピーチを聞いています!
原発NOと書かれた提灯を持った女性が立っていました。柔らかな表情…でも凛とした強い空気。まっすぐに前を見つめています。その後ろでは年配の女性がショールを頭から被って立っていました。上下ジャージ姿の坊主頭の男性は、赤いリュックに赤いシューズ。キリリとした顔で、腕を組んでスピーチを聞いています。
コールが始まりました。すると、参加者の方々の何人もが、国会議事堂の方を見ながら叫び始めたのです。体ごと向いて叫ぶ人もいれば、顔だけ向ける人、時折チラチラと見ながら叫ぶ人…様々です。みんな自然にそうなっているという感じ。そんな皆さんの姿を見ていたら、今更ながら…そして当たり前なんだけど…『本気』なんだよな…って思い知らされた様な気持ちになりました。
真剣、なんだよ。いや、当たり前だけど…。でも、そう見てない人だっているんだよね。この人達のこの姿…見せてやりたい。否定する要素なんかないよ。こんなくそ寒い中、わざわざ日も暮れた冬の夕刻過ぎに外で原発やめろって叫んでんだよ。もっと暖かい場所があるだろう、もっと楽しい場所があるだろう…それなのに、ここに来てんだよ。
国会議事堂に向かって、プラカードを高々と頭の上に掲げて叫ぶ女性がいます。目の前のサラリーマンの男性は、国会の方に体ごと向きなおり、カバンを握り締めたまま表情を変えず、じっと議事堂を睨んだまま静かにコールしています。
抗議の列に入る人、出る人、その度に、参加者さん同士がポールを気遣い上げ下げを助けます。ポールを外すのがめんどくさくて、無理やり跨いで出ようとした男性の片足にポールが引っ掛かり、三角コーンが倒れそうになりました。私が駆け寄るより先に、近くにいる参加者の方々がさっとコーンを支えます。あはは!と照れ笑いをしながら、すみませんとお辞儀をする男性。にこやかに頷く参加者の方々。
全くの見ず知らずの人達が、当たり前の様に支え合うこの抗議の場。
国会前エリアの信号を渡り対岸エリアへと向かいました。すると目の前に『子供を守ろう!』のプラカードがたくさん立ち並んでいるのが目に飛び込んできました。本当にたくさんっ!!年配の方々が、次世代の命を守ろうと…『子供を守ろう』のプラカードを掲げているのです。
ファミリーエリア。
てつさんのコールが始まっていました。『WE NEED NO NUKES』と書いた手作りのプラカードを掲げコールする、上下作業服の男性。白い紙に黒いマジックで『廃炉』と書いた小さな看板を、ずっと頭の上に掲げてる女性。制服姿の高校生もいます。
自転車隊も元気です!今日もたくさんの自転車隊が永田町をぐるぐると走り回っています。
官邸前エリアへ向かいました。
途中、顔馴染みの記者さんにバッタリ!今年も宜しくお願いしますと月並みの挨拶を笑いながら交わし、記者さんは今日はもう国会議事堂前駅から社に帰るところだと言うので、二人で歩き出します。
「新年最初…たくさん集まってますね」
と言うと
「ホントに。こんな寒いのに…」そして「何か…こうやって参加されてる方たちの事を考えると…なんというか…胸がいっぱいになるんですよ…」
と仰るので
「下手すりゃ自然消滅したっておかしくないですよね」
「ホントですよ。こういうのって、311前はあり得なかった光景ですからね…」
「まだまだ初参加者の方もいらっしゃいますしね」
「そうなんですよ、それが凄い。なるべく私も初参加者の方にインタビューしたくて勘で声をかけているんですが、ほとんど毎回いらっしゃいますよ」
お喋りしながら歩いている間も、冷たい空気がじわじわと突き刺さってくる感じ。
「しっかし寒いですねぇぇぇ~」
の私の言葉に
「今日は靴下二枚重ねなのに爪先がジンジンしてくる感じですよ」
と記者さんが笑いながら言うので、思わず…
「私なんか三枚ですよっ!ついでに腹巻きしてタイツ二枚重ねして毛糸のパンツはもちろんだし…もう恐ろしいほど重ねてますよっ!」
と勝ち誇った様に言うと(何の自慢だよ)
「そっ、それはすごい…」
と大笑い(^^;
そうこうしてるうちにグミ坂へ入りました。こちらも寒さを吹き飛ばすかの様な熱気に包まれています!地下鉄入り口で記者さんと別れ、グミ坂を歩いていきます。
地下鉄入り口から手を繋いで出てきたお洒落な若いカップルが、参加者の列にサッと加わりました。(えらい薄着だけど大丈夫かな…)と、腹巻きした私はいらぬ心配をしながら見つめます(^^;
折り紙を張り合わせた様な可愛らしい NO NUKES プラカードを持ったおじさん。サングラスをかけ黒い帽子をかぶったカッコイイ女性は、ちょっと寒そうにプラカードを掲げながら静かにコールしています。頭にタオルを巻いた作業着姿の若い男の子は両手をポケットに突っ込んで、黙って立っています。マフラーをぐるぐる巻きにして顔まで覆うようにしてる女の子、塀に腰かけて携帯を触ってる男の子。とにかく原発反対の気持ちだけで、みんなここに来ています。
いつもの最終コールの後のダラクさんの官邸に向けてのスピーチ。最後の「原発無くなるまで今年もここで声をあげていくからな!今年もどーぞよろしくっ!」に、そうだーっという参加者の方たちの声と拍手。
そしてその時、1人の男性が「正義は勝つんだ!」と、叫んだのです。
正義は勝つ…よくある言葉です。色んなところで何度も何度も耳にしてきた、もう、お馴染みになってる様な言葉です。
が、今日、この叫びを聞いた時、不覚にも涙が出そうになってしまいました。
正義は勝つ。
自分がやっていることが正義かどうかなんて分からないけれど…もし、もしもこれが正しい道だとすれば…
必ず勝てるぞ。
『正義は勝つ』
おっしゃあぁぁ~っ!
…てなことで、
今年もまた宜しくお願い致します!
また来週~っ!
ううっ、寒っ…