【2013/7/26】東京・官邸前


毎回感動と笑いをよんでいる、金曜官邸前アクションレポート!
今週も必読です!
***********
写真01.jpg
7月最後の金曜日。日比谷公園では蝉が大合唱していました。今日は夏らしく暑い夕方。ムシムシしてましたよねぇ~。
脱水症状起こさない様にTomod’sで『やさしい麦茶』を買って霞ヶ関へ~
今日は官邸前エリアでフライヤー配布とカンパ集めをしました!
先頭ブースまで行って、ブツを受け取るのを待ってると、目の前のおじさんが携帯電話で話し始めました。
「もしもし?あー俺。今さ、官邸前に来てんだよ。霞ヶ関の。(ここでコールが始まる)え!?聞こえねぇよ!何だって!?そうだよ、原発反対のだよ!あ!?だから、げ・ん・ぱ・つ!!」
原発反対のコールが響き渡る中、コール並みの大声を出して喋っとるおじさん。カオスや…
来月の予定などが書かれた新しいフライヤーとカンパ袋を持ち、地下鉄入り口のところに立つと、ちょうど階段を登って来たおばさんが、小銭が入った茶封筒を出して近づいて来ました。あ、以前も茶封筒でカンパしてくれた人だ…。おばさんは茶封筒をカンパ袋に入れると「ちょっとしばらく来れなかったからね…気になってたのよ…」…ありがとうございます!
今日は日が沈んでも暑い…。あちーぞ霞ヶ関っ!皆さん、うちわやプラカードで、パタパタ仰いでました。
【反原発】と黒マジックで書いただけの真っ白な画用紙に紐を付け、首から下げてるおじさんは、黙ったままずっと塀に座っています。その近くでは、ハンカチで汗を拭き拭きコールしている若い女の子が。小型のカートと大きなリュックを持ったおじさんは、地べたに座り込んで空を仰ぎながら、ずっとスピーチやコールを聴いています。
…凄い疲れてたりする人もいるんだろうな。体調が悪かったり、嫌な事があったりした人とかも。表面的には分からないけれど、みんな、どんな気持ちを抱えてここに来ているんだろう…
そんな事をボーッと考えながら参加者の皆さんを見ていると、若い男の子が「すみません…すみません」と近づいて来ました。何か聞かれるのかと思って「はい?」と言うと、物凄い申し訳なさそうに、恥ずかしそうに、カンパ袋に百円玉一枚をチャリーン…
「…すみません」
え?これで、すみませんって謝ってたの…?
思わず「いや、何でよ、ありがとうございます!」と笑顔で言うと、めちゃくちゃ苦笑いをして恥ずかしそうに帰って行きました。ありがとー!!また来てなー!
ECDさんのコールが始まりました。「子供を守れ!」に始まり「とーちゃん守れ!」「かーちゃん守れ!」そして、兄ちゃん、姉ちゃん、弟、妹、じーちゃん、ばーちゃんと続きます。そうですよね…大事な友達、ムカつく野郎、片思いのあの人、大好きなあの人、昔の仲間、尊敬する恩師、同僚、先輩、後輩……ECDさんの人柄と相俟って、すべての人に捧げるようなコールに聴こえました。
と、そこへ、おじさんがコールにあわせて手拍子をしながら、ニコニコして歩いてきました。時々参加者の人達と目を合わせ、エールを交換するかの如く、元気よく声を張り上げながら。
NO NUKESと印刷されたタオルを首にかけた若いカップルが、手を繋いでやってきました!官邸前デートか!?おっ、いいねぇ~。ananとかで特集組んでくれないかなぁ~。『今、旬なデートスポットはここ!さぁ、あなたも金曜は霞ヶ関へGO!』とかさ…ダメ?(^^;
7時半過ぎても続々と人がやって来ます!帰る人、今到着した人…相変わらず入れ替わりも激しい。
ずっとプラカードを持って立ち続けてるおばさんは、途中で屈伸運動をしてました。膝…痛いのかな…。痛くなるよな、そりゃ…。
腕に刺青したパンクな男子が歩いてきました。コールに合わせて力強く片手を上げ、声をあげています。参加者の人達を応援しているような、士気を高めようとしているような、そんな風にも見えました。そういやあ今日は、こんな雰囲気の男の子多かった感じ…。つうか、若い子が多かった気がする…いやホントに。
あと、外国人の方々もいつもより多かった感じ。7~8人の団体さんみたいな御一行もいたなぁ。サマーバケーションインジャパン・カスミガセキノーニュークスツアーか!?(なんだそりゃ)
相変わらず10分前にも続々と人がやって来ます。アパレル関係な感じのオサレな男性が列に加わりました。
3分前にもまだまだやって来る参加者の人達。プラカード持った女性が、慌ただしく階段を上がって来て列に加わりました。凄いわ…。3分前だよ?3分て!カップラーメンだよ、いや、ウルトラマンでしょ!(なんだそりゃ)
抗議終了後、カンパはともかく、新しいフライヤーがバカバカはけていくのには、ちょっと驚きました。来月1ヶ月の抗議予定などが書いてあるフライヤーです。「多めに貰ってもいいかしら?」「またポスティングするから30枚位下さい」「ちょっと頑張って配ってみます」…みんな、ホントに身体をはって動いている。誰も知らないところで、どれだけ沢山の人達が黙々と行動しているか…。口先だけで、あーだこーだ最もらしい事を言ってる奴等とはレベルが違うんだよ、ボケナスがぁ!
あらやだしつれい(←棒読みで)
一人の男性が「はい!お疲れさん!カンパね!」と元気な声でカンパしてくださいました。額から汗が流れ落ちていました。「ごめんなさい、小銭なんですけど…」と言ってカンパして下さった女性も汗だくでした。汗が滲んだ笑顔はキラキラしていました。恥ずかしそうにハンカチで汗を拭いながら帰って行きました。
今日はまた、ちょっと人数が増えてた感じだったなぁ。国会前、ファミリーエリア付近、官邸前と、全体的に先週より確実に多かったと思う。やっぱりあの選挙結果を見て、危機感を募らせた人が多かったのかもしれない。
スタッフの女の子の一人が言ってました。「でもさ…金曜のコレやってなかったら、もっと恐ろしいことになってたと思う…」
ホントにそう思います。
長く続けていると、単にダラダラやっているように見えるかもしれません。参加している人達自身の中にも、迷いや葛藤が起きてくるでしょう。私だって、そうです。
でも、皆さん、想像してみて下さい。
もし、この金曜官邸前抗議が続いていなかったら…。毎週、霞ヶ関に原発反対の人が集まっていなかったら…。
思いを共有する場も、原発反対している人達がこれだけ居るんだと可視化する場も無かったら…恐らく状況は大きく変わっていたでしょう。
ここはもはや、原点の様な存在なのかもしれない。ここへきて、怒りをぶつけ、悲しみを吐き出し、勇気を貰って、元気を貰って、また日常へ戻っていく。忘れないため、風化させないため…ここがある。そうやって、長い闘いをしぶとくしぶとく続けていく。
インターネットをやらない人達にとっては特に大きな場所だと思う。自分一人が反対しているような孤独感に苛まれた時、ここへ来ると、こんなに沢山の人が反対しているのか…ってちょっと嬉しくもなるんじゃないかな…。
原発反対なんだけど、何をどう行動して良いか分からないって時も…ちゃんとこの場所が迎え入れてくれるわけで…
あぁ~、もうちょっと上手く言い表せたらいいんだけど…
金曜官邸前抗議は、今や色んな意味を持つ場として、存在していると思う。
とにかくとにかく!後から後から色んな事がありますが…挫けず、諦めず、やって行きましょう、皆さん。ホントに一人じゃないから…大丈夫だよ!こんなバラエティーに富んだ…色んな人達がいるんだからさ、ある意味、怖いもの無しでしょ!(笑)
『たくさんの言葉より
眼差しと振る舞いで
伝わることは大きい
人がひとり生きている
そこにいるというのは
ものすごいことだなあ』
この間、出逢ったことば。胸に響く…。
お疲れ様でしたっ。んじゃ、また来週~!
写真02.jpg