【2013/5/24】東京・官邸前


恒例、スタッフの方からのレポートです!
わたくしごとですが、毎回アップしながら泣いております……笑
*********
130522_1253~01.jpg
え~と、私事で恐縮ですが、週明け早々、首から背中にかけて激痛が走り、その後、突然腰が…ぐがっ!
なので、今日は若干ヨレヨレな金曜日…。
今の時期、こんな風に体にくる人多いらしいッス。皆さんも、どうかお気をつけて、ホントに。あたたた…
日比谷公園は薔薇が満開でした。綺麗だなぁ~と横目で眺めながら、今日も霞ヶ関へと向かいました。
もう5月も終わりですねぇ。もうすぐ6月。ホント早い。何だか311以降、月日が過ぎるのが格段に早く感じてしまう。あっという間に一年が過ぎる。どんどん月日が流れていく…
この金曜官邸前抗議も、もう二年目に入ってます。
どんな珍しい光景でも長いこと眺めていると、慣れてくるし飽きてくる。最近、自分を取り巻く状況にそんな感じを受けます。
311直後、反原発デモは奇妙な目で見られ揶揄され、その後徐々に受け入れられ、称賛され、そして今、今度はだんだん飽きられてきてる。(←いまココ)
私も言われますよ「まだ、やってんだ~」って。まぁね、やってますよ。毎週毎週金曜にバカの一つ覚えみたいに通ってますよ。もう、やめらんないッスよ。面白くもなけりゃ、ゴールも見えないレースだけどさ、何だかもう、やめる気さえ起こらないよ…
おんなじ事続けてりゃ、そりゃ飽きますよ。しかもこんな…楽しくも何ともない事。
でも、この現状を何とか変えたくて、もう二度と福島の様な悲劇を繰り返したくないから…やっとりますわ、あきらめずに。
ホントに長いレースは色んな局面を迎えます。人数も増えたり減ったり。色合いもどんどん変わるし、周りの印象も変わる。
続けてる人達にとっちゃ、今がまた(何回目かの)乗り越えなきゃならないキツい時かもなぁ。自分との闘いでもあるしなぁ…。
そんな事をつらつら考えながら霞ヶ関に到着すると、いきなり耳に飛び込んできた「原発無くせーっ!!」の激しいコール。私の悶々した気持ちを一掃するかの様な、激しい、魂の叫びの様なコールでした。
ちょっと泣きました。
そのコールを、離れた場所で立ち止まって聴いていると、手作りプラカードを握りしめ「原発反対!原発反対!」と繰り返し呟きながらハァハァ息を切らして通りすぎて行くお婆さんがいました。誰かに、というよりは、まるで自分に言い聞かせてるかの様に…。
国会前では、今日も千葉麗さんの「福島かえせ!」の声が響いていました。311以後、積極的に反原発運動に参加している千葉麗さんは、福島出身。自分の生まれ育った故郷があの様な事になってしまった悲しみや苦しみ…彼女の福島を叫ぶ声には、いつもそんなやるせない悔しさがこもっていて、聴いてる側に切なく突き刺さってきます。
「故郷を返せ!」…そう叫ぶ日が、まさかここ日本で来るとは。いったい誰が想像出来たでしょうか。
もうホントにホントに「原発やめろーっっ!!!」
…あたたた
腰に響くぜ(涙)
さて、官邸前の方へ歩いて行くと、列の最後尾の方で、若い男の子達が「原発いらねぇ!!」と拳を上げて叫んでいました。凄く明るい表情で…。いいなぁ、何かパワー貰えるよ。うん、そうだそうだ!叫ぼうぜ!「原発いらねぇ!!!」
あたたた…(←こりない性格)
仕事帰りに立ち寄った感じのOLさんが、途中、お辞儀をしながら控えめな物腰で列を抜けた後、地下鉄入り口までずっと「原発反対っ」と、ちょっぴり恥ずかしそうに、でも一生懸命コールしながら歩いて行きました。この女性の様な、いかにも会社帰りのOLさんという感じの方、沢山いらっしゃいます。
以前も、OL風の女性が、地下鉄を上がって来てサッと列に加わり、30分近く声を張り上げコールした後、またサッと列を抜けて帰って行ったのを見たことがあります。このたった30分の為に、わざわざ立ち寄ったんだなぁ…と、帰って行く後ろ姿を見ながら、何とも言えない気持ちになったのを覚えています。
官邸前エリアに、小学生の男の子を二人つれたママが来ていました。恐らく、その男の子達が描いたのでしょう。色鉛筆で描かれた小さなプラカードを持っていました。綺麗な色で木が一本描いてあり、その横に可愛い文字で《いらない 原子力エネルギー》。男の子達はキョロキョロしながらコールする大人達を見ていました。彼らの中に、今日のこの光景はどんなふうに残っていくのでしょうか。
列の前の方へ移動し、歩いてきたスタッフさんとちょっと話をし、ふと…顔をあげた瞬間、目の前の光景に思わず釘付けになりました。
って書くと、いったいどんなスゲー事が起きてたのか!?って思ってしまうでしょうが、いやいやいや、何も珍しい光景ではないんですわ。単に、目の前に並んでいる人達が、それぞれ持ってきたプラカードを官邸に向けながらコールしているという、ごく当たり前の光景で…。
しかし…
背筋を伸ばし、顎をぐいとあげ、ホントに『官邸に向けて!』という感じでプラカードを掲げながら叫び続ける姿は、電灯の灯りに照らされ、神々しささえ感じてしまうような光景だったのです。全員、まっすぐ前を見ていました。全く微動だにせず、真っ直ぐ前を…。
ホントに、目が覚めるような、なんというか…うわあぁ~って感じがしたのです。あぁぁ~言葉じゃ上手く説明できん…!ホントにホントに体中がハッとするような光景でした。
そして、今日も相変わらず終了15分前からも、続々と参加者が。中には「ああ、何とか間に合った!」って言いながら列に加わる人も。すげぇ…本当にすげぇ…
あ、そういえば、今日はNO NUKESのTシャツ着ている人をけっこう見かけました!老若男女問わず、です。
8時終了後、参加者の皆さんを見送りながら、今日ここに来る時に考えていた事を思いました。長くなると飽きてくる…。
でも、「お疲れ様~」と挨拶しながら帰って行く人達の色々な顔を見ていると、最後に勝つのは強い情熱、そして純粋な想いだ…。そんな風に思えてきて胸がいっぱいになりました。
帰りの電車の中で思い出した言葉があります。インドのマルトマ・ガンジーの言葉です。
《 はじめは、無視されるでしょう、それからバカにされ、笑われるでしょう。そして、あげくのはてに、たたかれもするでしょうが、しかし、勝つのはあなたなのです。》
地元の駅に着いたら、昼間とは雲泥の差の気温にビックリ!!さっ…寒ーっっ!!!
(結局、最後はこれかよ)
では皆さま、腰と気温に気をつけて…
また、来週!!