【2013/4/12】東京・官邸前


恒例!スタッフの方からのレポートです!
************
金曜官邸前抗議、なんと今日は50回目だったそうです。
50回記念だぜ~…って、これ全然嬉しくないから!!!ううう(涙)
このところの朝晩は何だか底冷えする様な寒さ。やはり今日も、夕方から冷たい風が吹いてきて、霞ヶ関は冬に戻ったかの様な寒さになってしまいました。
去年の3月に官邸前抗議に通いだしてから、とにかく金曜日の天気が気になって気になって…というか、他の曜日が雨だろうがなんだろうが、とにかく金曜だけは降らんでくれー!!ってな感じ。週末に来週1週間の気象予報を見る時、真っ先にチェックするのが金曜日!「うわぁ~雨マーク出てるよ~」とか「お!朝降ってても3時には止むみたい!」とか、真剣そのもの。こんな状態が、もう一年も続いてる…あぁあぁぁ~(涙)
そういえば今日も7時過ぎに突然ポツポツときましたよね?思わず「おいっ!」と天を仰いで叫んでしまったわたし…(いったい何に向かって言うとんねん)
しかし、寒かろうがポツポツだろうが、今日も霞ヶ関には原発反対を叫ぶ人達が沢山集まってました。
ふと、思うのです。ここに来ている人達それぞれに色々な日常があり、色々なドラマがあるんだろうなぁ…と。みんな様々なものを抱えながら、ここに足を運んでいるんだろうなぁ…と。
一回来ただけの人もいるでしょう。強い信念を持って毎週欠かさず来ている人も。迷いながら何となく…の人だっているはず。そして今日が初めての人も。
それでも『ここ』は続いているわけで。
それはみんなが知らず知らずにバトンをリレーしているから。一度来ただけの人だって、誰かにバトンを渡している。だから今日もこの場がある。
埼玉から来ている女性は、寒かった今年の冬場、ほぼ毎週通い続けたそうです。「冬場は寒いからどうしても人が減ってきちゃうでしょ?だから行かなきゃと思って。暖かくなって人も集まってきたら、バトンタッチで休むわ。」
みんな、知らず知らずにバトンをもらい、誰かに渡している。ずっとリレーを続けている。労りあいながら、励ましあいながら、笑ったり泣いたり怒ったりしながら、ずっと続けている…。
いつも国会前へ続く交差点の角で、独特の音で独特の踊りを舞っている人達がいます。今日、そこを通りかかると、スーツ姿のサラリーマンのおじさんが、凄く嬉しそうな顔をしてその舞いを見ていました。まるでその音に身を委ねるかのように…。今日は何故かここの音が、この場を浄化している様に聞こえてきました。ホントにそう感じました、初めて。
ぐみ坂の途中で、歩道から外れて立っていたわたしに、新人ぽい警察官が素敵な笑顔で近づいて来て「すみません!どなたかと、お待ち合わせですか!?抗議される方はこちらの歩道に入られる様お願いしております!」と。いや~『たいへんよく出来ましたっ!』と花丸ハンコを押してあげたくなるような言い方だったのですが(笑)「あ、スタッフです~」とスタッフ腕章を見せたら「もっ、申し訳ございません!!腕章が見えませんでしたっ!!」と、凄い勢いで平謝り。いや、そんな激しく謝らなくても大丈夫だぞ?そんなに怖いか?わたし…
今日はクリスマスローズの小さな花束を持った女性を見ました。クリスマスローズ、うちも今、満開に咲いてます。不思議な美しさをもつ個性的なお花ですよね。花を見ると和むわぁ~。なんだかホッとしますよね。
8時終了後、ちょっと体調が悪かった私は、いまいち覇気のない声で「お疲れ様でした~」と見送ってたのですが、皆さんの「お疲れさん!」「また来週!」の声や、照れ臭そうに黙って頷く姿に、また勝手に元気もらいました。ホント、パワー貰えるんだよな…この挨拶タイム。
ある方は、私のぬる~い「お疲れ様でした~」の声に、ハッキリした力強い声で「ありがとう!!」と。ありがとう…うわ…。グッときちゃいました…。
長い闘いになるかもしれません。(…出来れば短いの希望だけど)もう、ある意味根比べな感じもあります。一人一人が無理をせず、自分のペースで自分が出来る事をやっていく。その力の結集が大きなうねりを生み出す気がします。
『私らの世代が許してきてしまった原発。大変なものをこれからの人達に背負わす事になってしまった。私らはいい、もう死んでいくんだから。だからこそ、最後の責任を果たしたい。原発をやめさせなければ。』
ある参加者の方の言葉です。
来週は寒い夜ではありません様に…
ちゃんとした春が来ます様に…