【2015/5/22】再稼働反対!首相官邸前抗議


2015年5月22日(金)に行われた再稼働反対!首相官邸前抗議 のレポートをお届けします!
2012年3月から始まった行動はこの日で150回目。
次回の再稼働反対!首相官邸前抗議は6月5日(金)です!
詳細はこちら
***********
木.jpg
150回目でした。
2012年の3月に大飯原発が再稼働してしまうというんで、始まった首相官邸前抗議。
最初は僅か何十人単位でスタートした抗議は、世の流れにも後押しされ、回を重ねるごとにどんどん人数が増えてゆき、ピーク時は推定20万人の人達で溢れかえりました。
その後、人数は緩やかに減少していきましたが、抗議は決して途絶えることなく続き、今日で150回目を数えることになったのです。
ピーク時に比べて人数は減ったといっても、毎週1000人以上集まり続けて3年以上途絶えることなく続いている抗議なんて聞いたことないよ。
もう何というかなぁ…。すっかり定着しましたって感じだよね。
こんだけ毎回繰り返し繰り返し続いてるから、別に取り立てて目新しいこともなく、凄い感動的なことが毎回あるわけでもなく…。
それなのに人は途絶えず、地味に地味~に続けられているのです。
ホンッと感心するよ…。この根性。
来なくなった人もいます。ずっと続けている人、新しく参加してる人、また戻ってきた人。
意見が合わなくなったり、ケンカしたり、そんなこともありながらも、とにかくとにかく…続いているのです。
もう、奇跡だよね。
国会議事堂前駅に降りていつもの様にグミ坂に出ると、あれ…?地下足袋さんだ!(2014/5/16の記事参照)何か久しぶりな感じの地下足袋さん!
「久しぶり~だよね!?」
「そーなの!1ヶ月位休んでたんだよ!あたし」
「マジで?私も4月はぶっ倒れてたんだよ。どうしたの?」
「いや~何かさあ、原因不明の蕁麻疹が全身に出来て、違う生き物みたいになってたんだよねぇ~」
(違う生き物になってたのか…)
「何か変なもんでも食ったのか?」
「いや~それが分からないんだよねぇ。…アベの呪いかも。」
「あ…それだ!ひえ~」
今は復活して、いつもの元気な地下足袋さん。長期戦の疲れもあるんだよね…。お大事にね!
グミ坂を下りて行くと、反対側の舗道へと、袈裟姿のお坊さん2人が横断歩道を渡っていました。1人は杖をついていて、ゆっくりした足取りで歩道を横断していました。その後ろから若い警官が、慣れない様子で戸惑いながらも、車が来ないか…周りをキョロキョロ見渡し、不器用に手を広げながらついて行ってます。お坊さん2人が無事向こう側に渡りきると、警察官の男の子は、また急いでグミ坂に走って戻って行きました。
今日もヘルシーで美味しい食べ物が並ぶゲリラカフェ。最近また、おニューなメニューも開発され、相変わらずの充実したラインナップ!
私がいつもの様にワイワイ話ながらゲリラカフェで物色していると、背後で、
「ここは…どんな場所なんですか…?」
と声がしました。
振り返ると、自転車のメットをかぶった若い男の子が、ニコニコした顔で立っています。ゲリラカフェの方が
「あ、ここは飲み物や食べ物を提供してる場所なんですよ~」
と説明すると
「へえ~」
興味津々な表情で覗きこんできます。
「マジで激ウマだよ!ここの!!」
…と、聞かれてもないのに突然説明し始める私。(しかもため口)
「えっ、そうなんすか?俺、すげえ腹減ってんだよな…」
「んじゃ、是非是非!体に優しくてチョー美味いんだから!…あ、あたしサクラじゃないからね。」
笑いだす男の子とゲリラカフェのお二人…。
「自転車隊の人?」
「え…?あ、いや違います。いつも仕事でココを自転車で通過してて…。皆さんの姿見てて…。ココは何か食べたりしてるから何だろうって…(笑)」
「え~!そうなんだ~!わあ、立ち寄ってくれてありがとう!」
「いえいえ、とんでもない!」
男の子はまず、飲み物をもらってゴクゴク飲み干し、タルトやおにぎりを楽しそうに選んでいました。
それ以上の事は聞きませんでしたが、いつもココを自転車で通過しながらみんなの姿を見ていた彼が、自転車を止めてゲリラカフェに立ち寄ってくれた。もうそれだけで十分でした。何だかとても、嬉しかったのです。
官邸前エリアの先頭集団にいると、地下鉄乗り場へ向かうサラリーマンやOLさん達が、コールしている私たちのそばを何人も急ぎ足で通り過ぎて行きます。
片手や両手で耳を覆いながら通り過ぎて行く人や、あからさまに迷惑そうな顔をして行く人も沢山います。もうそんな姿にも慣れたけど、時々ふと…悲しくなる時もあるのです。
別に私たちは特別な人種じゃない。あんたらと同じ、単なる普通の人達なんだけど…って。
だからこそ、自転車の彼がゲリラカフェに立ち寄ってくれた事は、何かちょっとホッと安心するような…そんな優しい…嬉しい出来事だったのです。
国会前エリアに着きました。
白いワイシャツ姿の若いサラリーマンの男性が、塀に座って聞こえてくるスピーチを聞いていました。その前では、少し年配の男性が腕を組んで仁王立ちして立っています。
お揃いの『再稼働反対』のプラカードを持って座ってる人達。
帽子を深くかぶった女性はプラカードを抱えるようにして立っています。
ステージの近くでは、学生っぽい若い男の子が、じっとコーラーを見つめて立っていました。コールはせず、黙ったまま、何とも言えない表情で…。
ステージの後ろ側にあたる場所の塀には、『NO NUKES』と書かれた紙を胸に、女性2人が国会の方を向いて座っています。この場所には、毎週必ず誰かがプラカードを胸に国会の方を向いて座っているのです。
官邸前へ戻るため舗道を歩いていると、国会議事堂を挟んだ向こう側の官邸前エリアのコールが聞こえてきました。
国会前と官邸前、挟み撃ちでみんなの声が響きわたります。
8時になりました。今日もサッと抗議は終了します。
片付けをしながら、反原連のスタッフさんが話していました。
「150回かぁ。100回目から150回まではあっという間だったなあ…」
「えっ!?俺は長かったよ!つか、150回もやるとは思わなかったよ…(笑)」
150回。
あきらめずに、くじけずに、今日を迎えました。
150がどうとかではないけれど、やはり、数字はひとつの区切りになります。
フッと息を吐き、また気持ちを新たにし、進み始めるのです…。
長い長い闘い…
頑張るぞ…!
んじゃ、また来週~!
ソーラーランタン.jpg